FC2ブログ

札幌 芸術の森1

近くにありながらなんとなく行かずじまいだった『芸術の森』に紅葉の残る先日、やっと行ってきました。
こういう施設になんだか気軽に行けないのは都会暮らしが長すぎた後遺症でしょうか?

箱根や美しが丘の『彫刻の森美術館』が大好きで、よく行っていたのですが色々とかかっちゃいますから。
渋滞地獄だし、駐車料金、入場料金、施設利用料金、そして人の多さ…etc
考えただけで足が遠のきますもん。

芸術の森 入口

北海道はゆるかったデス。
入園料は無料、駐車場は一日500円だけど自転車で来ればタダだし、
しかも首都圏では考えられないけど自転車で園内を自由に回る事ができるし、犬の散歩だってOKです。
人も少なくてゆったりとしているからね。

『真駒内川』を渡ってむこうに見えてきたのが『空と地の軌跡』と言う彫刻です。

芸術の森 空と地の軌跡

森を抜けるように進みます。駐車場の横の赤い壁の美しい建物が目に入りました。
『有島武郎』の旧邸です。さっそく入って見ます。

有島武郎旧邸 外観

大正2年に建てられた邸宅をここに移築したそうで、もともとは赤い壁ではなく白木だったそうです。
窓や電灯もロマンを感じますよね。

有島武郎旧邸 窓と電灯

館内を管理していらっしゃる男性からお話を伺わなければ気がつかないのがこれ『伝声管』です。

有島武郎旧邸 連絡用 管

真鍮で出来ていて、台所と女中部屋をつなぐ『もしもし電話』みたいなものです。潜水艦とかに着いてるやつ。
でも、その距離は廊下一つ隔てているだけなんで、なんも無くても話せそうですが、やっぱり大声を出してはいけなかったのかもしれませんね。

さて、外に出て最初に目に入るのが入口に広がる池に浮かぶ『浮かぶ彫刻・札幌』です。
風や水の動きでくるくると自由に動きます。

芸術の森 浮かぶ彫刻・札幌

彫刻を見ていたら池で遊んでいた鴨の中の一匹が、池から階段をよちよちとこちらに近づいてきました。
その目はあきらかに「なんかちょうだい。」

工芸館前の池 鴨

残念、なんにもないよ~~。

池のほとりには『ガラス工房』や『木工房』『陶工房』などがあります。

芸術の森 ガラス工房

『芸術の森美術館』の外観。紅葉に生えて綺麗です。

芸術の森美術館

前池には、沈んだ葉っぱと映りこんだ紅葉が綺麗な景色を造っています。

芸術の森美術館 池

前には『真駒内川』が流れ、最近渡れるようになってきた吊橋もあります。
吊橋から見た紅葉の中、流れる『真駒内川』。

芸術の森 真駒内川 紅葉

さて、いよいよメインの『野外美術館』に行ってみましょう。

つづく…
 


 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m
スポンサーサイト



Comment

デザインが変わりましたね。
なかなか、いい感じです。 (^_^)b

それにしても、ここ、自分的には、とっても大好きそうなところです。
公園の様子といい、あたりの景色といい、自分の好みにピッタリというか・・・。

首都圏のような、杉林と違い、紅葉も美しいですね。
Re: lepパパさん
北海道はこんな施設も自由にどうぞ的な感じです。
犬の散歩が出来るって信じられないですよね。
大通公園の芝生も最初入るのに躊躇しましたよ。
東京ではあんな綺麗な芝の中に入るのは絶対禁止ですから。e-257

今は山の紅葉も終わり、北大のイチョウ並木が見ごろを迎えています。
  • 2011/11/05 20:18
  • U2
  • URL
北大のイチョウ並木、きれいでしょうね。
ぜひ、写真撮れたら、アップお願いします。
デジイチで、ちょっと望遠&深度を浅めに
後ろをぼかしたら・・・う~ん、見てみた~い。
イチョウの黄色と、北海道の澄んだ青空とのコントラスト☆
もう、想像しただけで、惚れ惚れしちゃいます。\(^_^)/
Re: lepパパさん
あはは。
残念ながら札幌は今日から曇りや雨の日が続くんですよ。

来年がんばってみますね。
  • 2011/11/06 07:42
  • U2
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)