FC2ブログ

豊羽鉱山

『国道230号』から『定山渓レイクライン』に進み、『定山渓ダム』に向けて一気に高度を上げるUターンの道のすぐ手前に『豊羽鉱山』と標識のある道が右に見えてきます。
立派な道なのですが、地図で見ると約10キロほどで行き止まりになっています。

『豊羽鉱山』とは一体何なのか、以前から気になっていましたので確かめに行きました。
こう言うのは下調べなしで言った方が絶対楽しいね。

『国道230号』から見える『神威岳』。

神威岳

頂上の岩山の下まで木々に覆われていて、神々しい姿です。

神威岳 山頂

『レイクライン』のむこうに見える山にはもう雪が付いてますよ。

雪山

さて、『豊羽鉱山』の標識を右折し『道道京極定山渓線』へ、美しい『白井川』沿いを走ります。

白井川 豊羽鉱山

『神居橋』からの風景。
釣り人が糸を垂れていますね。ルアーフィッシングのようです。
この美しい川では『ヤマメ』や『ニジマス』が釣れます。

神居橋 フィッシング

川の両側から岸が迫っている部分に、なにか人工的な建造物が残っています。
これは鉄道の跡かもしれませんね。

途中でまた恐竜が眠っていそうな荒々しい山が見えてきました。『天狗岳』です。
勝手に『ステゴ山」と命名!!

天狗岳 北海道

山頂付近の岩場は垂直に登っていかなければならないので、これは本格登山の経験者じゃないと制覇できないかもしれませんね。

天狗岳 北海道

美しい『白井川』沿いの道が続きます。

白井川 豊羽鉱山

途中いくつかの小さな滝が川に流れ込んでいて、とても綺麗です。

白井川 滝

でも、すれ違うのは大型ダンプカーや黄色灯を回しながら走るパトロールカーばかり。
なんか不審がられている気配が…。

川の向こうに小屋が見えてきました。『天狗小屋』です。

天狗岳 登山道 入口 天狗小屋

ここから右の道を川沿いに緩やかに降りて行く道が『天狗岳』に登るルートみたいです。
でも、この看板を見たら躊躇してしまいそう。

天狗岳 登山道 入口

道路のわきにセメントで固められた壁があります。『通洞跡』の碑が立っていました。
鉱山の最盛期に走っていた鉄道のトンネル後でしょう。

通洞跡 豊羽鉱山

むこうになにやら大きな施設が見えてきました。『豊羽鉱山』です。
2006年に廃坑になるまで、液晶や半導体の生産に欠かせない『インジウム』の世界一の産出量を誇った、名だたる鉱山だったそうです。
手前の四角い建物が『豊羽鉱山株式会社本社社屋』。
最盛期は小中学校、スキー場、ストア、郵便局や診療所、消防署やプールまであって5000人もの人びとが暮らしていたそうです。

豊羽鉱山跡

行き止まりのちょっと手前の空き地から『豊羽鉱山あと』を撮影。
この撮影している場所は『沈殿池』の後??
奥に2つのドーム型の建物が見えますがどちらが『選鉱場』なんでしょうか?
ネットで調べてみたのですが、それぞれ『選鉱場』と書いてあるサイトがあって分かりません。

豊羽鉱山跡

『夕張』のように保存できなかったのか、ちょっと惜しい気もする、寂しい夢の跡地でした。



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m
スポンサーサイト



Comment

下調べ無しでの突撃とは、チャレンジャーですねぇ。(^-^)
ステゴ山は、そうとう険しそうだし、素人では、歯が立たないようにも見えます。
(>_<)
それにしても、とにかく、自然が豊で、美しいところばかりですね。
ヒグマ注意は、怖っ!
Re: leoパパさん
豊羽鉱山探検、結構おもしろかったですよ。
施設は殆ど撤去されていましたが、以前は廃墟マニアに人気だったみたいです。

自然は豊かでどこに行くにもストレスが少ないのですが
そろそろ東京の雑踏もが恋しくなってきました。 (●´ω`●)ゞ

この環境に慣れてしまったので行ったら行ったで疲れそうですけどね。
  • 2011/11/03 21:07
  • U2
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)