FC2ブログ

小金湯温泉・八剣山

『豊平峡』はもうすっかり紅葉も終わったのですが、この時は天気も良く、まだ麓では紅葉が楽しめそうだったので先週のカメラのこともありリベンジ撮影に行きました。

…と言ってもこの辺もピークはちょっと過ぎています。

まずは『豊平川』の清流横にある『小金湯温泉』を目指します。
有名な『定山渓温泉』よりも、実は泉質はこちらの方が断然上だと思いますよ。
道路のずっとむこうにグランドキャニオンにありそうな、今にもインディアンがのろしを上げていそうな山が見えます。
これは『神威岳(標高983m)』といって『さっぽろ湖」が出来るまでは比較的登り安い山だったそうですが、今はそのルートは湖に沈んでしまい、結構むずかしい山になったみたいです。
『カムイ』とはアイヌ語で『神』と言う意味なので、昔はとても神聖な山だったのでしょう。

小金湯に続く道

綺麗な山が道沿いに並びます。
ピークは過ぎているとは言え、やっぱりきれいだ。

小金湯 山

『小金湯温泉』は以前は三件の温泉宿があったのですが、現在は『湯元 小金湯』と『まつの湯』の二軒の宿泊施設が存在します。
『湯元 小金湯』の方が施設も新しく広くて綺麗なのですが、泉質はここ『まつの湯』の方が良いと思います。

小金湯 まつの湯

若い人は『湯元 小金湯』、お年寄りは『まつの湯』って感じの傾向がありますが、
若くも年寄りでもない自分達はどっちも楽しいです。
まあ、どっちが上ってことではなく、気分によって両方使い分けると楽しいですよね。

『まつの湯』の露天風呂は川に面していて、こんな感じの山を見ながら入浴ができますよ。

小金湯 裏山

『小金湯温泉』には『アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン)』と言う施設もあります。
『チブ(アイヌ船)』や『チセ(住居)』がお決まりのように置いてあります。

アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン) 小屋

立派すぎる人気のない、建物の割に内容の伴わない展示館もあります。
日本全国、お金がないと言っているのにどこからこんなものを建てる予算が出てくるんでしょうか?

…いけない、いけない。美しい紅葉を見に来たんだった。

アイヌ文化交流センター(サッポロピリカコタン) オブジェ

『小金湯温泉』から札幌市街へ向かう道に、特徴的な山『八剣山(観音岩山)』が見えてきます。
山の頂が八つの剣みたいに見えるからでしょうか、通称『八剣山』と呼ばれていますが、『ゴジラ山』と呼びたい感じです。
今にも岩肌を突き破ってゴジラが出てきそうですよ。

八剣山 観音岩山

この山は標高498mしか無いのですが、登頂最後にあの岩山を登らなければなりません。
そこからは『札幌ドーム』まで見渡せるみたいです。
いつかチャレンジしたいな。



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m
スポンサーサイト



Comment

初めてコメします。
こちらへ来られてからまだ間もないので見るもの感じるものすべて新鮮で一番いい時ですね。
とはいっても長年住んでる私たちでさえ飽きることなく北海道の自然を愛して止まないです。
まつの湯♨札幌に住んでた頃よく行ってました。
あの硫黄の匂いと、川の流れを聞きながらがいいんですよね♪
私が住んでる真狩村もお隣のニセコ界隈もいい温泉がたくさんあります。また是非来てくださいね♪
ゴジラ山、いいところですね。
山頂を征服するには、けっこう大変みたいですが、登ってみたくなる山ですね。
それにしても、どこもみんな、紅葉が美しいですね。
どれをとっても、そのまま、カレンダーの写真に使えそうな美しい紅葉ばかりです。(^-^)
Re: よっちゃんさん
はじめまして。書きこみありがとうございます。
「真狩村の~」、うちの「たら」が好きでして、よく横から読み逃げしてました。
いつも暖かいお写真に癒されてますよ。

北海道は何を見ても楽しくて、美しくて、そして珍しくて…
まるで海外に住んでいるような新鮮な感覚です。
雪が来てまたリセットされて、春の感動がまた新鮮なんでしょうね。

真狩村やニセコ、ちょくちょく言ってみたいと思います。
地元ならではのお勧めがあったら教えてくださいね。
  • 2011/10/27 10:31
  • U2
  • URL
Re: leoパパさん
ゴジラ山、いいでしょう。
この山、実は今は使われていない「八剣道路」なるものが存在するみたいです。
幅一メートルにも満たない朽ち果てたコンクリートで崖っぷちにあります。
途中でがけ崩れで行けないみたいですが、来年、熊が出ない時期に行ってみたいと思っています。

群馬の美しい風景もブログで見させてくださいね。
(ぜひ一眼で…w)
  • 2011/10/27 10:32
  • U2
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)