FC2ブログ

長ナスの青枯病 その後の経過

『長ナス』の一本の株がある日ほとんどしなしなに萎れていました。
とりあえず萎れた葉っぱを摘葉し、手元にあった『ミネチット』と『菌の黒汁』を病状の出た株元だけでなく、すべての『長ナス』と隣の『大玉トマト』まで土壌感染しないよう広い範囲に与えて様子を見ました。

しばらくは、朝起きて畑が全滅していたらどうしようと不安な夜を過ごしましたが…。

見事復活したようです。\(^o^)/

長ナス 青枯病 脇芽 復活

もともとあった枝の葉はほとんど落ちてしまったのですが、下の方から元気な脇芽がすくすくと育って来ました。
周りの株への感染もまったくありません。

追肥として『菌の黒汁』と相性の良い有機肥料の『フルユウキミックス』と『バットグアノ』を根元周りに追肥。

フルユウキミックス バットグアノ 100%有機肥料

そして『菌の黒汁』は三日おきに三回根本にたっぷりと施肥しました。
これからは定期的に『万田アミノアフファ』を葉面散布してフォローしたいと思います。

万田アミノアルファ 菌の黒汁

現在、毎日数枚づつ萎れていた葉も、生き生きと回復してきています。
2本ほど収穫もできました。
いやいや、ほんと頑張ってくれた『長ナス』くんに拍手です。(*´∀`人 ♪




↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



Comment

何気にご近所が製造元のユウキフルミックス!!今年から使い始めています。
昨年までは、お手製のボカシでしたが、この早春は、あぷたの道の駅で、お目当ての油かすが入手できなかったのと、肥料設計が面倒になったのとで。
窒素が効きすぎる風でもなく、もちろん肥焼けなどの障害もなく、元肥にも追肥にも良さそうな感じです。

それにしても、長ナスの復活はすごいですね!
菌の黒汁、おまじない程度に、土作りの際にうすーく散布したりしてましたが、お守りとして常備しておきます。(常用には、コスト的に厳しそうなので。苦笑)
  • 2020/08/05 21:20
  • Yon
  • URL
  • Edit
Re: Yonさん
『発酵有機石灰』、『海鮮パワーのミネラル堆肥』、『フルユウキミックス』は勇気にこだわってずっと使わせてもらっています。とても使いやすいですよね。
ただ、この肥料だけだと少し弱いし効きも遅いので、『バットグアノ』や『アミノアルファ』などで補うといいかなって思ってます。
ほんとは化学肥料を使えば安いんですが、自分で作るものぐらいは有機で安心なものが食べたいなぁ…って。

『菌の黒汁』は1リットルで買えば何年も使えるので長い目で見ればそんなにお高くないと思いますよ。
連作障害にもかなり有効みたいですから安心も買えますしね…。
  • 2020/08/06 09:16
  • U2(ユージ)
  • URL
勇気フルコンボだったんですね!
確かに即効性は望めませんが、有機で行くと追肥はルーティンにするのが良さそうで、効きが緩やかなのはあまり気にならないですね。
即効性が欲しいときは、コメリの有機液肥を保険に備えていますが、ほとんど出番はないです。

ちなみに、菌の黒汁、、手持ちはとっても小さなボトルでしたが、コメントした直後、珍しく?Amazonでお安く見えたので、500ml×2本(その時は、なぜか1ℓより少し安い)をポチッとしてみました。笑
  • 2020/08/06 20:32
  • Yon
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)