FC2ブログ

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK(旧ドロームキャンプフィールド)1

先日、7月23日~24日に退院後初めてのキャンプにチャレンジしてきました。
あいにくの曇り時々雨の天気でしたが、何とか天気も回復しそうな雰囲気なので思い切ってチャレンジ。
道道1号からの道を走り、1時間半弱で到着。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK 看板

以前2015年9月24日に訪れた時、とても気に入ってまた来ようと思ったとたんに閉園。
経営体系も変わり、やっと来る事が出来ました。
ホテルの横には庭園とか池があったような気がしますが、現在は『パンプトラック』と言うスケボの施設になっています。結構すごい施設ですよ。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK パンプトラック

以前、ホテルの横に立っていたでっかいロボットのオブジェは撤去されていました。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK T.P.クレスト ホテル

フロント(受付)はとてもオシャレです。券売機で人数や車を入力してチケット購入、それをフロントまでもっていきます。
以前よりも使いやすいです。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK 施設内

ガイドブックなどではチェックアウトは15時になっていますがこれによると17時までOKなんですね。ドロームの時と同じです。
これは嬉しい。\(^o^)/

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK チェックアウト時間

さて、場内には二組ほど先客がいましたが、どちらも帰る準備をしているので貸し切りかな?
僕たちは『赤井川国道』沿いの木陰の場所に設営することにしました。
以前来た時に、あそこも良いなぁって思っていた場所です。トイレも水場も近いしね。
テントは本当は『トリアングロ』を持って来たかったのですが、寒そうなので『T.P.クレスト』にしました。
そうそう、この『T.P.クレスト』は今年廃盤になってしまいましたよ。すごくいい幕なのにねぇ…。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK T.P.クレスト

今回のニューアイテムは『Coleman ファイアープレイスフォールディングチェア』のサンドです。フレームも茶色っぽい色をしてます。今年の新商品です。
今まで使っていたコットンのチェアと違って、火の粉が落ちると穴が開きますが、燃え広がることのない仕様です。
この『フォールディングチェア』は長年販売されているだけあって、座り心地抜群ですね。高さもちょうど良い。v(o゚∀゚o)v

茶太郎 Coleman ファイアープレイスフォールディングチェア

フィールドのちょうど反対側、以前僕たちが設営した場所には何やら木箱のようなものがあります。
これはグランピングの施設『住箱』とやら。確かスノピ製だったような…。
この建物が3ヶ所にあるので、車は向こう側、川沿いの道は進入禁止になっています。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK T.P.クレスト 住箱

こんな感じの合板でできたこじゃれた建物です。
ペットはOKなんですが、中では調理も飲食も出来ないって、ちょっと遠慮したいですね。
でも人気らしいですよ。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK 住箱 グランピング

設営も完了し、一息ついて空を見上げると青空が…。
このまま天気になってくれればいいなぁ。

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK T.P.クレスト 青空

お腹がすいてきたのでお昼ご飯を作りました。
今日は『コチジャン味モツ焼きそば』です。ピリッとしてて食欲をそそります。

お昼ごはん コチジャン焼きそば

いい匂いに誘われてかお客様がいらっしゃいましたよ。
久しぶりに見る『カミキリムシ』です。懐かしい~♪

カミキリムシ

そうそう、虫と言えばここは結構虫が多く出ます。
今日もアブやら蜂やらいろいろ飛んでます。気休めですが一応蚊取り線香を焚いてみました。
やっぱり全然効かないぜ!いっぱい刺されちゃいました。( ノД`)

AKAIGAWA TOMO PLAYPARK 虫よけ

前室がタープ状の『トリアングロ』にしなくてよかった~。
あれだったらインナーテントに居るしか虫よける方法が無いからね。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



Comment

ロボットの名は‥‥
このキャンプ場、経営が変わってから
ちょっとだけ窮屈な空気が‥‥。
ハコができて奥の川に行けなくなったのはつらいですね。
ハコで室内調理はダメなのは理解できますが
飲食もできないのはつらいですね。
しかもテラス部分が芝生じゃないのもなにか違うような。

ロボットがなくなったのも残念。
以前のドロームは轟鉱山の所有だったので、
あのロボットは轟28号という名前でした。

  • 2019/07/29 08:58
  • ORION
  • URL
  • Edit
ORIONさん
コメントありがとうございます。
『轟28号』って言うんですね。あれ、結構好きでした。
ORIONさんもキャンプやられるのですね。
ドロームの時に比べてやっちゃいけない事が増えたのは確かに窮屈ですよね。
それでも他と比べるとまだまだおおらかな感じがあって、やっぱり気に入りました。
ただ、北海道のキャンプ場って原っぱの中や、湖や海のほとりがほとんどで、たまには渓流の河原みたいなところでキャンプしたいなぁ…なんて思います。
無いものねだりで贅沢ですが…^^
  • 2019/07/30 09:38
  • U2(ユージ)
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)