FC2ブログ

徳舜瞥山麓キャンプ場でトリアングロ試し張りデイキャンプ 2

まずは『タープ』から張ります。
『トリアングロ』ではこの『タープ』の事を『フライ』と呼びます。
サクサクとあっという間に設営完了。気のせいか『ヘキサタープ』よりも『レクタタープ』の方が張りやすい気がします。

トリアングロ タープのみ

『タープ』の前後には、風や雨の降り込みを軽減する『開閉式パネル』というものがついているのですが、これを開いたまま張ってしまったので、角度が開きすぎてパネルが閉まらなくなってしまいました。
このパネルは閉じた状態で設営した方がいいですね。

トリアングロ フライシート 開閉式パネル

『インナーテント』も基本的には『タープ』に吊り下げるだけなので簡単ですが、176センチの僕でもインナーのテープをタープのバックルに接続するのはギリギリ出来るかできないか位の高さなので、ポールを傾けて低くするか、台が必要です。

トリアングロ 完成 前から

『インナーテント』の全面はポールがあるので綺麗にかっちりと出来ますが、後ろ側には立ち上がり部分に補強ポールが入っているだけなのでなかなか形がまとまりませんでした。

トリアングロ 完成 後ろから

特にこの『インナー』後部の『ループ』を『ポール』に固定するのに頭を悩ませました。
さすが『小川キャンパル』の悪しき流れを受け継いでいる、徹底的に不親切な『取扱説明書』。

トリアングロ インナー後ろのループ

この『ループ』部分は外れる部分が無く、きっちりと『インナー』に縫い込んであります。
つまり『インナー』に付いているただのテープの輪っかです
これを『ポール』に通して固定するには『ポール』を持ち上げて下から通すしかないと思われますが、ほんと不親切。
何も書いてありません。初心者の人は絶対分からないと思いますし、片手で『ポール』を持ち上げて『ループ』を下から通す作業は結構力がいるので、女性には一人では厳しいかもしれません。

トリアングロ 後ろのループ

今日は試し張りなので『グランドシート』は引かず、土間状態のままです。
全面メッシュにして、インナーの中からのぞいた感じ。

トリアングロ メッシュ インナーの中から

めっちゃ寒いので、さっそくお昼のラーメンを作ります。
寒くてお湯が沸かない~。(つД`)ノ
『茶太郎』も寒すぎて車の中から出てきません。

トリアングロ お昼の準備

お湯が沸く間に遠目からパチリ。

徳舜瞥山麓キャンプ場 トリアングロ 遠景

学校だった時の名残なのか、片隅にテニスコートが残っています。
使えるんだろうか?

徳舜瞥山麓キャンプ場 テニスコート トリアングロ

とにかく寒いのでラーメンを食べ終わると同時に撤収開始。
結論から申し上げますと、この『トリアングロ』。
寒い時には絶対使わない!…っという結論でした。
逆に暑いときには快適に過ごせるでしょうね。
それと、ほかにテントが無い初心者の方とかはやめておいた方がいいかもしれません。
北海道では使える期間は7~8月くらいで短いと思います。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。