鰻を食べに柳川へ 2

さて、『うなぎのせいろ蒸し』も食べたし、柳川をちょっとだけ散策しましょう。
柳川藩主立花邸だった『御花亭』の前にある『豊後橋』。
川下りしてるのはアジア系の外人がほとんど。観光に来てくれるのは嬉しいけど、風情が無くなるのは寂しいです。

豊後橋からの眺め

ここが柳川のメインのお堀。『沖の端橋』の上から見る風景。

沖の端橋からの風景

『沖の端橋』の傍にあるおせんべい屋さんの猫ちゃん。
ほんとに人なつっこくて可愛いんだけど、みんな捨て猫なんだそうです。

お土産屋さんの猫

『沖端水天宮』にお参りします。
すぐ近くに『北原白秋生家』があるのですが今日はパス。
しかし北海道から来た自分たちは、歩いているとTシャツに薄手のシャツでも汗ばんでくるくらいの気候だったのですが、地元の人たちは「寒い、寒い。」って大騒ぎしてましたよ。
人間の環境に対する順応性ってすごいんですねぇ。

沖端水天宮

こうやって眺める『沖端水天宮通り』からの眺めは時代劇の中に入り込んでしまったみたいな雰囲気ですねぇ。
ずっと昔、自分が福岡に住んでいる時は、見世物になったみたいで恥ずかしくて『川下り』なんてする人はほとんどいなかったと思うんですが、今は普通にみんな楽しんでいます。

メインのお堀な

帰りはバスに乗って帰ろうと思ったのですが、最寄りのバス停を見てみると後30分くらい待たなければいけなかったので、結局帰りも歩くことにしました。
ほんと、歩くの大好きなんですよねぇ。東京にいた時の習慣でしょうかねぇ。(^∇^)

ガイドマップがあるので、帰りは来た道と違う道を迷わず選んで帰れましたよ。
途中、住宅街の中に突然現れる『並倉』と呼ばれる建物。大きな倉とお屋敷が連なっています。
お味噌屋さんらしいのですが、現在もやっているのかな?

並倉 味噌屋

駅の近くまでお堀沿いを『柳川城塞水門』までやって来ました。
往き道で青年につられて右に曲がった『柳川橋』を左に曲がればすぐここだったんだね。
ちなみに、この『柳川城塞水門』は『柳川城』内に入る唯一の水門だったそうです。水の要塞ですね。

柳川城塞水門

色々と遠回りしちゃったけど、色々と見れてこれも旅の醍醐味ですね。
楽しかった~。(o‘∀‘o)*:◦♪

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。