FC2ブログ

ドロームキャンプフィールド 2

設営が終わったので場内散策です。
丁度草原の反対側、『赤井川国道』沿いにトイレがあります。
昔はプレハブのおんぼろだったらしいのですが、2011年に現在のようなホテルの建物と同じイメージの建物になったそうです。
でも、見た目は美しいけど中身はそんなに美しくは無いので、過度の期待はご用心です。

ドロームキャンプフィールド トイレ

これも2011年に建て直された炊事場。いたってシンプルです。
せめて、食べ残しを入れる網のようなものを設置してほしいです。
この時も先客が流したカップ麺の麺が、流しに放置されてて汚かったです。野生動物の環境にも良くないよ。

ドロームキャンプフィールド 炊事場

テントを振り返ると木の根元に『蝦夷山チワワ』を発見。

ドロームキャンプフィールド 茶太郎

現在の、ホテル側からの入り口のちょうど反対側の『国道393』沿いに、以前のキャンプ場への入り口があります。
こんな感じで、草ぼうぼうになっていました。
『北海道キャンプ場ガイド』のマップは、まだこちらが入り口になっているので注意です。

ドロームキャンプフィールド 元の入り口

そちら側から、遠くに臨む我が家、『アルマディ6』。

ドロームキャンプフィールド 西側から

さて、北海道はもうこの時期、日が暮れるのが早いので4時前には炭起こし開始。
そのうちに、先ほどお話をさせていただいた先客の方はお帰りです。
今日はこの広いフィールドに4組と言う贅沢さ。って、いつもだけどね。

炭焼き料理

いつものシンプルな網焼きに加えて、今日は『おでん』が新登場。
もちろん日本酒も買ってきましたよ。

おでん

『ささみ』に醤油を塗って炭火焼。『ワサビ』といただきます。結構贅沢だね~。
筋は取らずに、焼いた後『茶太郎』に筋の部分を上げようと思ってたんだけど、炭火(備長炭)で焼くと、筋が分からないくらい柔らかくなっていてビックリ。炭の力はすごいねぇ。

ささみ 炭火焼

この後、熱燗もいただく予定だったんだけど、思ったより気温が下がらず全部『冷や』でいただきました。
この後ゆっくりと『焚火』を楽しみます。

ドロームキャンプフィールド 夜更け 焚火

ちなみに、手前に映っているのは我が家の薪入れ『コーヒー袋』です。丈夫で便利ですよ。
近くのコーヒー屋さんでいただきました。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)