FC2ブログ

エゾバフンウニ~小樽産初物塩水カップ

『エゾバフンウニ初物塩水カップ』をいただきました。
北海道に住むまでは、この『塩水うに』の存在すら知りませんでした。
内地では板に乗った『うに』が普通ですよね。
どんなに高級な寿司屋に行っても、板に乗った、ミョウバンづけの『折うに』しか基本的にはありません。

エゾバフンウニ 初物塩水カップ 小樽産

僕は『うに』は基本的にきらいです。いや、きらいでした。この『塩水うに』を口にするまでは…。
木箱に入っている『うに』は崩れやすい『うに』の形を保つためにミョウバンに漬けます。
その際にミョウバンの渋みが残ってしまい、食感も固くなってしまいます
『塩水うに』は、ミョウバンを使用せず、『うに』を海水と同じ位の塩分濃度の塩水に漬けたままパッケージされたものです。
塩水に漬けた状態の『うに』はつぶれる心配がないので、ミョウバンに漬けることもせず、また、海水の中と同じ環境なので、新鮮なままの状態で出荷する事が可能なのです。

ご覧ください。殻から剥きたてのようなシズル感あふれるこのビジュアル。
このパックは、中が二重底のようになっていて、塩水に浮かぶ『うに』が動かないような仕組みになっていました。

エゾバフンウニ 初物塩水カップ 小樽産

塩分もしっかりと付いてますから、そのままスプーンですくってお口に入れます。
とろりとしたマイルドな食感と、その素晴らしいコク、磯の香りは、絶対に『折うに』では味わえないものです。
とろけるような感覚は、あの『折うに』の、どろりと溶けるような感覚とは全く別物です。

エゾバフンウニ 初物塩水カップ 小樽産

「『うに』って、ちょっと苦手なんだよな。」って方、一度お試しください。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)