FC2ブログ

美笛キャンプ場へ

『ポロピナイ休憩所』を後にし、『モラップ山』を迂回して『国道276号』に回り込みます。
『支笏湖』の西端を右折、しばらく進むとこのような突き当たりになります。
直進道路は通行止めですが、工事してますよ。これ、計画中止が決定している『道道78号支笏湖線』なんですが、なんで工事してるんでしょうねぇ。なんかあやしいぞ。

美笛キャンプ場 曲がり角

まあ、それは良いとして、そこを右に曲がると、未舗装のくねくねとした細い林道に入ります。
これが『美笛キャンプ場』に続く道なのですが、ここ、10年位前に来た記憶が甦りました。こんな道がキャンプ場に続いているのか心配で下りて行った記憶があります。

写真には写ってませんが、至る所にでっかい水たまりがいっぱいで、すごく走りづらかったよ。

美笛キャンプ場 続く道 道道78号

このキャンプ場は、入り口にゲートが下りていて、手続きをしないと中に入れません。
センターハウスには、人に慣れた『エゾシマリス』がお迎えしてくれたのですが、『茶太郎』が車の中で吠えまくるもんだから、どっかに行っちゃいました。写真撮りたかったのに…。
この時期の平日となると、こんなに誰も居ないんですが、この『美笛キャンプ場』、たぶん日本一の人気キャンプ場なんじゃないかと思います。

美笛キャンプ場 正面

この森の中から湖の際まで、テントが張れる所はすべてテントで埋まるそうですよ。
お互いの『ガイロープ』が交差しまくって、とても歩きづらいそうです。
こわ!そんな時は絶対来ないけど、そんな時じゃないと来れない人の方が多いんですよね。恵まれてます。

美笛キャンプ場 北側

さて、北海道のキャンプ情報と言えばこのサイト、勝手にリンクさせてもらってます『北海道キャンプ見聞録』の管理人の方のお勧めの場所がこの入って一番左側奥のこのフリーテントサイト。
後ろが森になっていて、砂地の幅もテント一張りがやっとなので、どんなに混んでいても横にしかテントを張られないそうです。
でも、この時はこの場所、すごくじめじめしていて暗かったし、なにかと不便なのでパス。

美笛キャンプ場 北側フリーテントサイト

一番人気の中央の砂浜は、でっかいドームを張っている男二人連れと、デイキャンプの男女が二組だけ。
どこでも張れる状態なのですが、ここに張るのは勇気が要ります。
ほら、ここは道内屈指の人気キャンプ場、張ったは良いけど、いつのまにか周りテントだらけって事も十分考えられます。

美笛キャンプ場 美笛側から

で、上の写真にも映っているキャンピングカーのご夫婦と談笑しながら、入って一番右奥の『美笛川』の横のサイトにしました。写真の一番奥の方です。

美笛キャンプ場 南側

中央部分の砂地はサラサラして気持ち良かったのですが、この場所は『美笛川』の影響か、かなり砂が湿ってます。でも、この場所もシーズンには絶対張れない超人気の場所らしいです。

美笛キャンプ場 美笛側 フリーテントサイト

丁度良い木の間のスペースに『アルマディ6』を張れました。木々に囲まれた、周りは誰も居ない素敵な空間です。まるでプライベートサイト。
今日は風も無いし、ペグのみ、ガイロープ無しの設営です。
この時大失敗。強力なペグ『エリッゼステーク』を打つ時、誤って『アルマディ6』のスカートまで一緒に打ち込んでしまっちゃいました。幸い小さな穴が、目立たない位置に開いただけでした。よかった~。

美笛キャンプ場 アルマディ6

もう、5時を過ぎると薄暗くなってくるので、それまでに準備を急がねば…。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)