FC2ブログ

盃野営場の朝

動物の気配と、時たま吹いてくる強風に緊張しながらも、浅い眠りを何度か繰り返し、朝を迎えました。
外は抜けるような青空、こんなに良い天気でしたよ。

アルマディ6 盃キャンプ場 アルマディ6

『茶太郎』も、動物の気配に緊張していたようで、ちょっと寝不足気味の様子。

ルマディ6 盃キャンプ場 茶太郎 アルマディ6

でも、澄み切った空気の中、響く『茂岩川』のせせらぎが心地いい。

盃キャンプ場 茂岩川

水もこんなに澄んでいて綺麗で、何か魚がいそうな雰囲気です。

盃キャンプ場 茂岩川

テントの中は湿気でビショビショになってました。
前日の台風の影響で、地面がかなり湿気っていたので、それが溜まってしまったようです。
前後左右、そしてヒサシも全開で、テントの中が乾くのを待ちます。
でも、その間、虫がテントの中にどんどん入り込んで、それをうちわ2本で追い出すのがまた大変でした。
出来るだけ殺生はしたくありませんからね。

ルマディ6 盃キャンプ場 アルマディ6

この間、朝早くから来られた管理の男性の方の作業の素晴らしい事。
トイレ掃除、炊事場掃除も本当に丁寧で、頭が下がるような思いでした。
下草を刈ったばかりだそうで、テントが汚れないようにアドバイスもしていただきました。
最後に、周りの藪をチェックしていましたよ。たぶん『ハブ』や『ハチ』のチェックだと思います。
何とかテントを畳み、ダートを抜けてテントサイドの後ろに車をつけ、撤収完了です。
疲れた~~。

昨日、お風呂を頂いた『国民宿舎もいわ荘』。外観も美しいですが、中も本当に綺麗なんです。
でも、この施設、来年の3月で閉館となるそうです。今現在宿泊もできない状態だったんですが、もったいないですね。

盃温泉郷 国民宿舎もいわ荘

撤収作業にかなりの時間をかけている間、ほとんど青空も隠れてしまい、どんよりとした空になっていました。
それでも超晴れ男のボクが海岸を歩くと、ほら、青空が…。

盃海水浴場

この、アイヌ伝説も伝わる『弁天島』の崖には、何かが祭られています。『弁財天』でしょうか?
あの島のてっぺんにバイクで着地したら、『ライディーン』が飛び出しそうな岩ですねぇ。

盃海水浴場 茶太郎

『茶太郎』は、木のぼっこを見つけて、またおしゃぶり。
この後ろのセメントの所に、夏場の繁盛期はテントを張るんですってさ。根性あるねぇ。しかも1500円の駐車場代を払わなければなりません。

盃温泉郷 弁天島

今日は海も凪いでいて、キラキラととても綺麗ですね。

積丹半島 風景 海とブイ

さて、ぷらぷらと帰りますか?

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)