FC2ブログ

元気丸の作り方~農薬を使わないために

無農薬で野菜や果物を作っていると、どうしても虫たちがよってきて「おいしいよ~♪」と食べてくれます。

もともと昆虫や動物の方がこの星で先に暮らしているのですから、少しくらいだったら
見ないふりをしますが、加減を知らないやつもいるのです。
でも、どんなに小さな虫でもできる限り殺生はしたくありません。

そこで登場するのが我らが味方『元気丸』です。
これを虫くんが食事をしにやってくる前に野菜や果物にたっぷり噴霧します。

殺虫剤でないので虫はこれでは死にませんよ。
あくまでも虫を寄せ付けないようにするものなので、虫が来る前に噴霧することが重要です。

◆「元気丸の作り方」◆

●ホームセンターなどで売っている安いガラス瓶を2個用意します。
これは大体750mlほど入ります。

●一つの瓶に「木酢液」を750ml位注ぎ、その中に「ニンニク」を三球位、一粒づつ皮をむいて入れます。

●もう一つのビンに「焼酎(甲類)度数25%」を入れ、その中に「とうがらし」を4~50本くらい入れます。

●2~3ケ月、そのまま漬け込みます。

●空の2リットルの焼酎のペットボトルに、上の「ニンニク液」と「トウガラシ焼酎」と「お酢」をを大さじ一杯づつ入れ、水で容器いっぱいに薄めます。

●出来たら「ピカコー」を100倍希釈液も混ぜます。これはサンゴ海藻で作られたものです。メーカーさんのHPによると30倍希釈位だと益虫まで全部窒息死する恐れがあるので気をつけるように書いてありました。

●出来た『元気丸』をスプレー容器に入れ、作物の小さい、まだ虫が付いていない時からたっぷりと裏表散布します。

●1週間に一度くらいを目安に散布してください。

ちなみに前回の写真は漬け込んだばっかりのとき、下の写真は3カ月漬け込んだものです。
トウガラシの液は目にしみるので、スプレーをするときは風上にて行いましょう。
また、手を洗うまでは顔に触らない方が良いかも…。

家庭菜園 元気丸 無農薬



  ←ポチッとお願いいたします m(_ _)m
スポンサーサイト



Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)