FC2ブログ

草木八幡宮

  • Day:2013.03.25 11:28
  • Cat:福岡
先日、福岡に里帰りした時のお話。

夕方、あまりにも気持ちの良い気候だったので、『茶太郎』と近所をお散歩しました。
小さい頃、この土手のまわりで『ヒシの実』や『セリ』を収穫し、良く食べたものです。

大牟田 堤

あまりにも近所すぎて、そしてあまりにもこの地域の生活の一部になっていて、特別に意識もしていなかった氏神様の『草木八幡神社』。
通称『くさぎはちまんさん』にご挨拶。

『五十二代嵯峨天皇』の御世、弘仁十一年(820年)に宮殿が造営され、三池をはじめ、この一帯の『一ノ宮』となったそうで、かなり由緒のある神社で在ります。
『空海』が『高野山金剛峯寺』を開いた四年後と言う事になります。

あの『勝海舟』も足を運んだ事があるそうで、戦前までは入口に『勝海舟の書』が飾られていたそうです。
100年ほど前は、この境内に『維新志士』が集まっていたと思うと、また違った想いで見る事が出来ます。

草木八幡宮 階段

この入口にある『狛犬』の『阿さん』の方にご注目ください。
子供の頃からすごく気になっていて、あまり他じゃ見かけたことが無いのですが、りっぱな『お○ん○ん』がついておられます。
珍しくないですか?しかも大人…。

草木八幡宮 狛犬

石の階段を上がると立派な門があり、その両側の格子のむこうに、また狛犬と着物を着た人が飾られています。
子供の頃は、この中を覗くのがとても怖かった記憶があります。

左側。
誰なのか詳しく分かりませんが、足元にある(いる)動物の様なものが気になります。
猫でしょうか?梟でしょうか?子猿のようにも見えるし…。

草木八幡宮 門 左側

そして、右側です。昔から右腕がありません。

草木八幡宮 門 右側

この神社の境内は、ラジオ体操や盆踊り、ソフトボールの練習場、そして子供達の毎日の遊び場として、大活躍してました。
この『拝殿』では、元旦祭と例祭に、舞姫による『浦安の舞』が奉納されます。
公民館の放送で、「ピンポンパンポ~~ン、ぎんすいしょうがっこうの、し、ご、ろくねんの、そふとぼーるのせんしゅのひとは、いますぐ、くさぎはちまんさんに、あつまってください、ピンポンパンポ~~ン」って言う放送が懐かしいぜ。

草木八幡宮 全景 拝殿

この広い境内には、たくさんの『古大木』があり、夏でも涼しいのです。
だから、夏休みの子供達のたまり場にもなっていましたよ。
今考えると、すごく罰あたりなのですが、小学生の頃に、この『本殿』の中に入って、拾ってきた『エ○本』を床下に隠していた記憶があります。まぁ、かわいいもんですね。

草木八幡宮 本殿

『茶太郎』も、お参りするのだ。

大牟田 茶太郎 祈祷

のんのん。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U 
スポンサーサイト



Comment

なつかしい思い出がいっぱいの神社さんですね。
よく見ると、いろいろと由緒あるモノが、たくさんあって、貫禄があるというか、荘厳な感じがしますね。
立派なナニをお持ちの、狛犬さんも、おもしろ!(^_^;)
いい遊び場でもあったんですね。
茶太郎くんの、のんのん!
かわいいですね。(*^_^*)
Re: leoパパさん
いや~、大牟田の想い出話、お付き合いしてくださって、ありがとうございます。
この時期、札幌は雪解けの汚い風景ばかりでネタ不足。
しつこいですが、福岡の話題、もうちょっと続きますよ~。e-257
  • 2013/03/26 16:55
  • U2(ユージ)
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2016/03/16 13:48
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)