FC2ブログ

水郷柳川へ 2

この日も最高の春らしい気候で、『茶太郎』もとても気持ちよさそう。
こんなほっこりとした雰囲気は、北海道では味わえないですねぇ。

柳川 水路 茶太郎

まるで水路に浮かんでいる様な、地元では『すいてんぐうさん』と呼ばれている『沖端水天宮(おきのはたすいてんぐう)』。

柳川 沖端水天宮
ウィキペディアより

五月になると、こんなに美しいお祭り『水天宮大祭』が行われます。
『宮崎駿』の映画に出てきそうな雰囲気のお祭りですよ。

柳川 水天宮大祭
ウィキペディアより

本当は『川下り』をしたい所なのですが、病み上がりの両親を連れているので今回はパス。
『川下り』では、満潮時には船底に寝そべらないとやり過ごせない石橋があったり、まるで海外の様な風情の『水上売店』があったり、結構楽しめます。

柳川 水上売店

この『柳川』という地に古くから伝わる『さげもん』は、『お雛様』と一緒に、天井から部屋いっぱいにさげられる、たくさんの色鮮やかな鞠や人形の装飾品です。

柳川 お雛様

ちょうどその季節だったので、街中では『柳川雛まつり さげもんめぐり』が催されていました。

柳川 さげもん

下の動画、とても美しいので是非ご覧ください。これも『宮崎駿』の世界観に通づるものがあります。



路地でも、手作りのお雛様を行商する姿が見られます。

柳川 お雛様人形売り

僕にとっての母なる海、『有明海』は、他では見られない魚介類が目白押しです。
栄養豊富な潟のお陰で、どれも美味しいのですが、見慣れないものもたくさんあります。
たとえば『ムツゴロウ』はもちろん、『わけのしんのす(イソギンチャク)』とか、『くっぞこ(舌平目)』とか、『サルボウ(しゃみせん貝)』、今ではあまり取れなくなった『タイラギ』や『ワタリガニ』『シオマネキ』などなど…。

朝には道端に沢山の魚介類が並んでいるのですが、この時間はもう見られませんでした。
ちょっと、観光客でにぎわう魚屋さんを覗いてみましょう。
ここにもさりげなく『さげもん』がありますね。

柳川 魚や

『有明海』は貝の宝庫です。『アサリ』はもちろんの事、栄養分が高いので『カキ』も美味しいのです。

柳川 カキ 長甲貝

この葉巻の様な貝、『マテ貝』は、味が濃くて、歯ごたえも良く、とても美味しいです。

柳川 マテ貝

筆で釣り上げる『まじゃく』。
茹でたり、天ぷらにしたりして、そのまま殻ごと食べられます。めちゃうまです。

柳川 マジャク

そして、忘れていけないのがこれ、鋭い歯をもつ海のエイリアン『ワラスボ』。
細長いカマの様なもので潟の中から引っかけて捕まえます。
顔に似合わず、味は美味ですよ。

柳川 ワラスボ

久しぶりの『柳川』を堪能できた一日でした。両親も大満足の様です。
「ほんなこつ、よかった~。」



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U 
スポンサーサイト



Comment

これ、さげもん、っていうんですね。
わかりました。近くに、こういうの、たくさん売っている、和風の小物のお店があるんですが、
意味がわかりました。
それにしても、柳川って、すごく風流でいいですね。
お堀がなんとも言えず、いい感じですね。
古い町並みがたくさん残っていて、訪れてみたくなりますね。
Re: leoパパさん
良く見かけるのは、ちりめん細工のもので、京都風ですよね。
ここのは、みんなで作り合う物なので、素朴で家庭的な感じです。

柳川、すごくいいんですが、わざわざ観光に遠方から訪れるは、
ちょっと見どころが少ないかもしれません。
でも、ほんとにいい所ですよ。

今回帰省してみて、改めて自分の生まれ育った場所の素晴らしさを実感しました。
(みんなそうですね。)
  • 2013/03/16 18:19
  • U2(ユージ)
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)