FC2ブログ

ニッカ 余市蒸留所

余市にある『ニッカ蒸留所』です。
車の場合は南ゲートからの方が便利です。

※この約二年後、まさかこの場所がNHK朝の連ドラ『マッサン』の舞台になると想像もできませんでした。 2015.2.19

南ゲート

場内はなんとなくウイスキーの香りに包まれていて、気持ち良い~。
スコッチウイスキーに欠かせない、ピートのスパイシーな香りもしますよ。
ここはスコットランドのハイランド地方とよく似た気候だそうです。

この地は、寒冷地で適度に湿度のある気候風土、良質な水、豊富なピート(草炭)層、さらに大麦の産地であり、樽材になる木や蒸溜に必要な石炭もある…、まさに理想の地なのですね。

貯蔵庫群

空がどんよりと曇っていますが、それがなおさらスコットランドを想わせます。
『ウイスキー博物館』は沢山の資料があって、見ごたえがあります。

ウイスキー博物館 樽

昔のブランデーの瓶がオシャレです。

ウイスキー博物館 ブランデー

これは『リンゴジュース』の瓶。
ウイスキーは最初の数年間は、寝かせておかないといけなのです。
この地でウイスキー造りを始めた竹鶴は、その間のつなぎとして、リンゴのジュースを作り始めたそうです。

アップルジュース

何でリンゴジュース??
それは、日本で初めてリンゴを実らせたのが余市だったのです。
そして昭和9年に、竹鶴はリンゴの果汁を作る『大日本果汁』という会社を立ち上げました。
その会社名『大日本果汁』の「日」と「果」を取って、『ニッカ』という名前になりました。

『ニッカ会館 試飲会場 』は沢山の人達がウイスキーを試飲していて、とても良い香りが漂っています。
でも、あんた達、車で来た人がほとんどだろぉ~~??(;¬_¬)
地方に行くほど、この感覚は緩いです。だから事故も多い。

ニッカ会館 試飲会場

創業者竹鶴政孝が夫人リタとともに使用していた余市の郊外の住居『旧竹鶴邸』がこの場所に移転されています。

旧竹鶴邸

ウイスキー作りを学ぶために渡ったスコットランドで知り合った二人。
素敵なカップルですね。

旧竹鶴邸 創業者竹鶴政孝と夫人リタ

その奥さま『リタ夫人』の名前を取った建物、『リタハウス』。

リタハウス

昭和6年に建設され、最初は経理の事務所に、その後ウイスキー製造工程の研究、ブレンド、成分分析などを行う研究室として使用していたそうです。
今は中に入ることができませんが、ドアから覗くとカフェとして使用されていたようです。

つづく



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m
スポンサーサイト



Comment

余市、レンタカーで通ったことあるのに、ニッカ寄りませんでした。
とても風情があって、良いところですね。
寄ってみたかったです。
特に、樽の風景って、なんとも言えず、いいもんですね。
今度、訪れるときには、ぜったい寄りたいポイントですね。
 ↓ 海岸線にも、素晴らしいところが、たくさんあって、感動ものです。(^-^)
Re: leoパパさん
蒸留所はお酒好きにはたまらないですよ。
樽って、なぜか引かれますよね。

白州の蒸留所で買ったウイスキー樽で出来たボールペン。
すごく持った感じが良くて、一生モノです。
  • 2012/06/20 09:46
  • U2
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)