山菜初め 

連休中のある日、小林峠に向かう道沿いに今年も『山菜屋』さんを見つけました。
この時期だけに現れるお店なのですが、いつ行ってもほとんど売り切れ状態でしたが、今日はまだまだ残っていたので、迷わず購入。

山菜 茶太郎

北海道と言えど『山菜』はかなり高価です。
以前、埼玉の秩父あたりの道の駅で買った『タラの芽』や『コシアブラ』は大盛で、安くて、抜群のうまさだったなぁ。
購入したのは『ふき』と『タラの芽』、そして『浜ぼうふう』です。

ふき 浜ぼうふう タラの芽

さっそく新鮮なうちにいただきましたよ。
まずは、お向かいさんのお庭で採れた『行者ニンニク』をトッピングしたお豆腐。
うまいね。

行者ニンニク 豆腐

そしておなじみ、『タラの芽』の天ぷら。間違いない。

タラの芽 天ぷら

『浜ぼうふう』は、今では高級料亭でしか口にすることが出来ないそうです。
自分の小さい頃は福岡の浜は『浜ぼうふう』だらけでしたが、乱獲のため、今では全国で絶滅状態なのだそうです。
砂を洗い、さっと茹でて酢味噌和えにしました。
シャキシャキとした食感と、セリのような香り。春だなぁ~。毒消しですね。

浜ぼうふう 酢味噌和え

『ふき』はあく抜きをした後、三枚肉で巻いてごま油で焼いていただきました。
新鮮な『ふき』ならではの食感と香りが楽しめましたよ。
ごちそうさまでした。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト