ドロームキャンプフィールド 1

やって来たのは『ドロームキャンプフィールド』です。
現在の入り口は『ホテル・ドローム』と同じ場所になってます。
前回泊まれなかった『オロウエン大滝キャンプ場』を、小さな『ドローム』みたいって言ってた人がいたけど分かる気がします。
清流があって、木立の向こうに建物があって、あまり手を付けられてない自然な雰囲気。

ホテル・ドローム 入口

ホテルは来年まで改装工事に入った様で、人影もありません。
電話で係りの人と連絡してキャンプ場に入ります。

ホテル・ドローム 入口 茶太郎

ホテルの裏手には、まるで『スタジオジブリ』を思わせるような巨大なロボットのオブジェ。

ドロームキャンプフィールド ロボット

こんなでこぼこ道を進みます。車高が低いんでヒヤヒヤもんです。

ドロームキャンプフィールド 続く道

この日はシルバーウィーク明けの9月24日だったので、先客は3組のみ。またまた貸し切り状態で、どこに張ったらいいのか迷います。

ドロームキャンプフィールド 茶太郎

先客の男性にお話を伺って、奥の川沿いの場所、中央付近に設営することにしました。木々の向こうはすぐ『白井川』が流れています。
この場所はガイドブックでは『焚火広場』になっていたので、きっと豪雨の時に流されてしまったのでしょうね。

ドロームキャンプフィールド 白井川

曇ってるけど、風もなく穏やかだったので、あっという間に設営完了。
こんなにスムーズな設営は初めてだぜ。
川沿いという事もあるのか、朝露もまだ残っていましたがこれからの天気を考えると大丈夫でしょう。

ドロームキャンプフィールド アルマディ6

しかも、キャンプ場を一周している道沿いに車を停めてテントを張れば、完璧なオートキャンプです。楽ちん。
向こうに小さく見える先客が、お話を伺ったグループです。

ドロームキャンプフィールド アルマディ6

設営の間、近くにつながれていた『茶太郎』も、早くテントに入りたくてこの通り、おねだりポーズ連発!
こいつ、ほんとにテントの中が大好きなんですよ~。

ドロームキャンプフィールド 茶太郎

この『ドロームキャンプフィールド』はチェックイン、チェックアウトが09:00~17:00なので、一泊でも十分ゆっくりできます。

ドロームキャンプフィールド アルマディ6

『茶太郎』もすでにリラックスモードだね。

ドロームキャンプフィールド 茶太郎

しかし、最近『小二郎』にホントに似てきたねぇ。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト