Quatre Feuilles カトルフィーユのパンを買って~旭山記念公園

『円山公園』近くの美味しいフランスパンのお店、『カトルフィーユ』に久しぶりに…。
札幌は、本当に美味しい正統派のパンのお店がいっぱいあって、嬉しい限り。
『ヴェルジネ・バッカーノ』は残念だったけど。

ちなみに『ヴェルジネ・バッカーノ』のパンが、登り窯を使った焼き物の様な、野趣あふれるパンだったのに対し、こちらは正統派の有田焼の様な細やかさを感じるパンです。

今回、夕食用に選んだのは『バゲット・トラディション』と『カンパーニュ』。
前回購入した『バゲット・アンブル』は、どちらかと言うと現代の味覚に合わせた進化型。今回の『バゲット・トラディション』は、その名の通り、昔ながらの製法と材料にこだわったフランスパン。外側もしっかりしています。
そして、『カンパーニュ』は、『しあわせのパン』を見て、食べたくなってしまったのであります。

丁度お昼前だったので、焼き上がったばっかりのパンを買って、近くの『旭山記念公園』で食べる事にしました。
まず、一つ目は『フォカッチャ マルゲリータ』。
エキストラバージンオイルを使った、ふんわりとした柔らかな生地と、イタリア産トマトソースとセミドライトマト&モッツァレラチーズの組み合わせ。ワイン欲しくなっちゃいますワ。

カトルフィーユ (Quatre Feuilles) フォカッチャ マルゲリータ

もう一つは『マッシュルームとオニオンのタルティーヌ』。
縦半分にカットしたバゲットに、トマトソース、玉ねぎ、マッシュルーム、モッツァレラチーズ、バジルをトッピングして焼いたものです。

カトルフィーユ (Quatre Feuilles) マッシュルームとオニオンのタルティーヌ

さっそく『旭山記念公園』でランチしましたよ。
この日はとても空気が澄んでいて、むこうの『夕張山地』までくっきりと見えていました。

旭山記念公園 見晴らし

『フォカッチャ マルゲリータ』は、フワフワの生地が心地よいです。
そして、お気に入りになったのが、もう一つの『マッシュルームとオニオンのタルティーヌ』です。
カリッカリ、ふわっふわのバゲットにトマトソースとチーズがマッチ。パンがソースを吸い込んでジュルジュルになっていません。
そして、肉厚なマッシュルームの食感がグッドです。うまかった~~。
これにズワイガニのフレークをトッピングして、身の表面がカリッとするまで焼いたら最高だろうなぁ…(●´З`●)妄想

他の木々よりも、早めに色づいてきた『かつらの木』を見ながらのランチは最高でした。

旭山記念公園 かつら 紅葉

空を見上げると、もうすっかり秋の雲。まるで天使かクリオネが泳いでいるみたいですね。

旭山記念公園 秋の雲



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト