霧の支笏湖

いつもは美しい風景を堪能できる『支笏湖展望台』。
この正面に見える『恵庭岳』も姿を消したまま。

霧の支笏湖 展望台

今日は、すっかり霧の中です。
ここまで来る道中も、ほとんど前が見えなくて、ほんと、怖かったぁ~。

霧の支笏湖 展望台

「一応、シッコだけでもしとこかぁ。」

霧の支笏湖 展望台

タマタマを取らない方針なので、やっぱりこいつも家の中ではシッコをしなくなりました。
ただ、『小二郎』と違って、家の門の所でいっぺんにジャ~~~!ってやってくれるので助かります。

『ポロピナイキャンプ場』に降りてきました。やっぱり霧の中です。
でも、幻想的で気持ち良いですよ。

霧の支笏湖 ポロピナイキャンプ場

『ポロピナイキャンプ場』の奥に建つ石碑。
大正4年にこの地で発見されたこの石碑は、秋田県の知事が、燐寸の製造に使用する硫黄を『恵庭岳』で採取するための安全と成功を願って建てられたそうです。
『太平山』とは、山形にある山で、『三吉神社』が祭ってあることから、この地にその名前を刻んだそうです。
この石碑を彫刻した者も城造りの専門家であったそうです。

霧の支笏湖 太平山 石碑

霧の湖畔にたたずむ、渋い男、『茶太郎』。

霧の支笏湖 茶太郎 ポロピナイキャンプ場

「俺様は、木の棒さえあればなにもいらねぇぜ!」

霧の支笏湖 茶太郎 ポロピナイキャンプ場

霧の『支笏湖』も、また幻想的で美しい風景でした。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U 
スポンサーサイト