暮れの買い出し~札幌二条市場・だるま軒

お正月の買い出しに札幌市街に買い出しに出かけてきました。

超スーパーツルッツルの道を走ります。車がくるんくるんとスピンすること数十回。
やっと大通公園の地下駐車場に車を止めて『テレビ塔』へ。

年末 札幌テレビ塔

寸足らずの『東京タワー』みたいで愛嬌があります。

大通の鳩が寒そうに羽を膨らませています。えらいねぇ。

大通公園 冬 鳩

カニを物色しに『二条市場』へ。

二条市場 みそか

カニやサケのオンパレード。
客引きがすごいので気が弱い人は買わされそうな雰囲気です。

二条市場 カニ

『車海老』を探していたのですが、おじさんに聞いたところ北海道には『車海老』はほとんど無いそうです。
『ボタンエビ』の焼き物なんて逆に北海道しかできない贅沢だね。
まっ、本物の『車海老』はもっと高いけど。

二条市場 ボタンエビ

『二条市場』のちょっと不気味な銅像。

二条市場 みそか 銅像

お腹がすいたので、なんとなく聞いたことがある『二条市場』のラーメン屋さんへ。
『だるま軒』さんです。

実は、札幌のラーメン屋さんを何件も食べ歩きましたが、正直な所、美味しい所は今のところありません。
インスタントっぽい、化学調味料の味がきつい所が多いです。
東京の知り合いのシェフが「札幌のラーメン屋をほとんど食べつくしたけど、うまい所は無かったよ。」って言ってたのは結構当たっていました。

だるま軒 入口

店内は昭和の香りがプンプン漂っていて良い感じですね。

だるま軒 店内

マッチ箱もレトロで昭和の雰囲気を醸し出しています。
タバコは吸いませんが、記念にゲットしちゃいました。

だるま軒 マッチ箱

注文したのは『正油ラーメン』。メニューのトップにあるものは大体うまい。
ちなみに札幌の人ってあんまり『味噌ラーメン』は食べませんよ。

だるま軒 しょうゆラーメン

すばらしいビジュアルです。
スープを一口。「うまい、うますぎる。(埼玉の人は分かるよね~。埼玉県人じゃないけど。)」
スープはあっさりしている中にもコクがあり、最後に魚系の味が嫌みなく残ります。
麺はいわゆる『札幌ラーメン』のゴム麺じゃなくって、どっちかと言うと自分の生まれ故郷、福岡の麺とよく似ていますが、もちっと感もあってとてもおいしい。
チャーシューはこれも好みの脂身が少なくぽくっとした感じのものです。
伊達巻が入っていて???でしたが、食べてみるとこれも甘みもなく、スープとよく合っていました。

うまい筈でした。
このお店こそ、あの『西山ラーメン』を創りだした『西山仙治』の創業したお店だったのです。
ここが『札幌ラーメン』の元祖。聖地です。
『味噌ラーメン』が生まれたのはずっと後のことで、最初はこの『正油ラーメン』だったんですね。

店内にいっぱい飾られてる色紙の中から気になったものを二点ご紹介。

一つは『北の国から」と書いてある『田中邦衛』のサイン。
マジックの先が割れていて、見づらいですが素敵な色紙です。

だるま軒 色紙 田中邦衛

もう一つは今では懐かしい『きんさん ぎんさん』のお二方のもの。
写真も付いていてありがたや~。

だるま軒 色紙 きんさんぎんさん

このお店は春まで住んでいた今は無き池袋の『大勝軒東池袋本店』と同じ雰囲気を醸し出していました。
どちらもガツンとくるのではなく、ス~っと体にしみわたる味。

この味は東京でも勝負できます。自分的にはリピート間違いなしです。



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m
スポンサーサイト