FC2ブログ

トマトの袋掛け その後の様子

8月24日におこなった『トマト』の袋掛けですが、すぐに気になる症状が出てきました。
次の日に『トマト』に掛けたビニールの袋を確認すると、水滴が袋の中に付いていました。底の方には水も溜まっている状態です。
雨が侵入した訳ではなく『トマト』から出た水分がたまったものです。
気になったのでビニール袋を裏返して、表面の乾いた方を内側にして掛けなおしました。
それでも次の日には同じように中に水が溜まっている状態です。
こんなに蒸れた状態だと病気やカビが心配だなぁと思い、ビニール掛けしている内の一つ、一番大きくて形の良い房を観察してみると、上の方がぬるぬると溶けたような感じだったり、穴が開いて虫が侵入したような痕跡を発見しました。
全部を確認すると、ビニール掛けした果房の半分以上がこの様な状態になっていました。
あわててダメになった果実だけを摘果。ビニール袋は全部外しました。

トマト 袋掛け 外す

特に赤くなるのが早まった様子もなかったので、残念ながらこの方法はお勧めしません。
なぜか形の良い『トマト』だけが被害にあっちゃいました。(つД`)ノ

袋掛け トマト 病気 腐敗

赤くなりかけの『トマト』だったのでとても残念です。
来年は新しい栽培方法を見つけたのでまたチャレンジしたいと思います。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡
スポンサーサイト



トマトの袋掛け~トマトを赤くするための工夫

綺麗な形の真っ赤な『トマト』です。

真っ赤なトマト 表

露地栽培の場合、なかなかこんな形の良い、傷一つない『トマト』は収穫できません。

真っ赤なトマト 裏

それでもまだ赤くなってくれればいいのですが、もうすでに秋の気配が濃厚の北海道。
結構な数のトマトがこんな感じで青い『トマト』のまま終わってしまいます。

家庭菜園 青いトマト

そこで、早く赤くするためになんかいい方法がないかとネットを徘徊しておりました。(#^.^#)
そこで気になったのが『トマト』に透明の袋をかぶせて早く赤くするという方法です。
ほとんどの場合は雨よけの為にかぶせている方なのですが、中には袋をかぶせてみたら早く赤くなったと報告されている記事もいくつかありました。
これならお金もかからないし、小さなビニールハウスの中に実を閉じ込めてしまうという事になるので、さっそくやってみました。
かなりでかい『トマト』に袋を掛けるのは結構緊張モノです。

家庭菜園 青いトマト 袋掛け

少し赤くなりかけの『トマト』の房にも掛けてみました。
8月24日に実施したのですが、この後結果がどうなるか楽しみです。

家庭菜園 青いトマト 袋掛け

『エンツァイ(空芯菜)』を初収穫しました。
『スルメイカ』と一緒にオイスターソースと紹興酒でニンニク風味の炒め物にしてみました。

家庭菜園 エンツァイ(空芯菜)

「美味でごじゃりますぅ~~~~」(((o(*゚▽゚*)o)))




↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

くきたっちαでトマトの誘引作業をしました

先日アマゾンに注文していた『くきたっちα』が届いたので、麻ひもと『かんたんパッカー』で簡易的に『つる下ろし』をした『トマト』をやり直ししました。

くきたっちα

今回は雨よけトンネルの上部、屋根の頂点に支柱を通してないので、今まで使っていた20ミリ支柱の先にテープを結び付け、その上に『かんたんパッカー』を着けて補強してみました。『トマト』の重みには耐えられそうです。

くきたっちα 簡単パッカー トマト 誘引 つる下ろし

『トマト』の茎を折らないようにおそるおそる『つる下ろし』していきます。
今回は怖いのでこの位にしときました。まだ下段に実もついてることだしね。
でも、先端部分はビニールの屋根よりもだいぶん低くなったのでOKです。

くきたっちα トマト 誘引 つる下ろし

このようにテープを挟んで、その先の丸いワッカの部分をトマトの茎にひっかけて留めます。
一か所だけでも大丈夫みたいですが、外れたら怖いので二か所留める事にしました。

くきたっちα トマト 誘引 つる下ろし

北海道はもう大分涼しく…、いや、肌寒くなってきたので上部まで赤くなってくれることを祈ります。
(農家さんが言うには霜が降りる直前までうまくやれば収穫できるそうです)

【備忘録】8月22日 ダイコン種まき完了



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

8月20日の畑の様子

北海道は今日は日中でも肌寒い位の気候です。
半袖のシャツじゃちょっと寒い。(´・_・`)

そんな中、菜園の野菜はまずまず順調に育っています。
先日『ナス』の葉にハダニが付いてるのを発見。『アーリーセーフ』を使ってみた所一回でほぼいなくなりました。
牛乳とか油とかをかけても同じように窒息するのですが、使った後不潔だし洗い流すのも面倒です。
これはかけっぱなしでOKだし、天然のヤシの油だったかな?…で出来ているので安心です。
今日現在、健康に立派に大きくなりました。

家庭菜園 ナス アーリーセーフ

『トマト』は雨よけのビニールの天井につっかえるものが出てきました。
例年だったらそのまま摘心しちゃうのですが、ことしは吊り下げ栽培で『つる下ろし』に挑戦しようとふと思いつき『くきたっちα』なるものを注文しているのですが、まだ届いていないのでこんな感じで麻ひもをポールに『かんたんパッカー』で留めてみた所、良い感じに下ろすことが出来ました。
作業中、つるを手から落としてしまって下段の青いトマトが3~4個落ちちゃいましたが食べきれない位採れるので良しとしましょう。

家庭菜園 トマト つるおろし

ちょっと遅れたのですが『夏ダイコン』の種を植えるための畝を作りました。
いつも作りすぎて手に負えなくなるので今年はちょっとだけ少なめにしました。
向こうに見える『キュウリ』はすでに100本以上収穫しているのですが、下がガラガラに空いているので、込み合っている上の『力づる』のつる降ろしをしました。まだまだ採れそうですよ。
手前の不織布のトンネルは『春菊』の発芽に失敗した後に植えた『コマツナ』です。これは順調に育ってます。先日、間引きしたものを味噌汁の具にしてみたんですが、しゃきしゃきとしてて美味しくいただきました。
やっぱり古い種はダメだねぇ。

夏ダイコン 畝作り キュウリ つるおろし

先日の台風崩れの雨と風で倒されてしまった『空芯菜(エンツァイ)』ですが、見事に立ち直りそろそろ収穫できそうなくらいになって来ました。紹興酒で炒めると最高に美味です。

家庭菜園 空芯菜 エンツァイ

『茶豆』の種が古かったせいで二度発芽に失敗した『エダマメ』、早生のものを購入して植えたのですが、やっとこの位に成長しましたよ。収穫にはもうちょっとでしょうか…。
北海道はとっくにビールのうまい季節は過ぎちゃいましたが…。(´;ω;`)

家庭菜園 エダマメ

でも、やっぱり『茶豆』のほうが美味いんだよなぁ…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

8月2日の畑の様子

今年は雨が少なく、回数多めの水やりが大変です。
そんな中『キュウリ』が豊作で、何本採れたか分からなくなる位収穫できました。
あんまり採れるので、写真を撮るの忘れてました。(#^.^#)
現在はちょっと一休み、また『親づる』やそこから伸びた『力づる』に着果してきたので、第二のピークが来ると思います。
褐斑病?べと病?らしき葉が出てきたので『サンボルドー』を散布しようかな?
(ちなみに『サンボルドー』を使っても有機・オーガニック栽培に変わりありません)

家庭菜園 キュウリ 一休み

ちょっと出遅れ気味だった『ナス』も、やっと収穫が始まりました。

家庭菜園 長ナス

『ナス』は調理方法もいっぱいあるし、大好きなので楽しみです。
この日も『麻婆ナス』にしていただきました。美味かった~。

家庭菜園 ナスの収穫

『大玉トマト』もぼちぼち完熟の実が出始めましたよ。
この時期、スーパーで買ってきた『大玉トマト』と食べ比べるのが習慣になってます。
何度食べ比べても、あまりの違いにびっくりです。自家菜園の『大玉トマト』にはゼリー状のものが殆ど無く、味もまるでトマトジュースの様に濃厚でうまいです。
頑張って育ててよかった~、って思う瞬間です。

家庭菜園 大玉トマト

『ミニトマト』や『フルーツトマト』も収穫できるものが出てきました。
これから食べきれない位収穫できるでしょう。

家庭菜園 ミニトマト

去年は種を植えたまま緊急入院したのでその育った姿を見れなかった『レタス』。
見事に球状に育ってくれました。ちょっと感動。

家庭菜園 レタス

本当はもう少し大きく育てたいところですが、最初のものはこのくらいで収穫しないと、後の『レタス』が育ち切ってしまうので、一個目を収穫してみました。
白い液体が切り口から出てくるので、きれいにふき取りさかさまにして乾かしました。
シャキシャキとして美味かった

家庭菜園 レタス 切り口

これも去年育った姿を見れなかった…、もちろん口にも入らなかった『セロリ』くんです。
清々しい香りで美味しかったです。←自分で育てると何でもおいしいんだよね。(*’U`*)
株ごと収穫せずに、必要な分だけ収穫していきたいと思います。

家庭菜園 セロリ

近年なぜかあまり育ちが良くなく、収穫も少なめだった『シシトウ』。
今年は形も良く、結構期待できそうです。

家庭菜園 シシトウ

そのかわり、種が流れてしまったのかあまり芽が出てこなかった『ニンジン』の隙間に『ラディッシュ』を植えてみたのですが、葉っぱを虫君にかなり食われてしまいました。
まぁ、虫の分まで作ってるから大丈夫だよ。(´∀`*)

家庭菜園 ニンジン ラディッシュ

写真を取り忘れましたが『ピーマン』も順調に育っています。
また『無限ピーマン』の季節がやってきましたね。(*^_^*)

【追記】
8月7日『キュウリ』に対して『サンボルドー』散布完了。

初めての農薬 オーガニック対応 アーリーセーフ カリグリーン サンボルドー



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U