2016の野菜収穫

北海道は中々気温が上がらず、野菜の収穫も遅れ気味でしたが、やっと実りの夏を迎えました。
やっぱり完全無農薬有機野菜は美味しいヽ(≧∀≦)ノ

家庭菜園 トマト ナス キュウリ ピーマン

買ってきた野菜は、すぐにシナシナになってくるんだけど、パワーが違うんで鮮度がとても長持ちします。
これ食べた後だと、農薬漬けの野菜は苦く感じるんですよねぇ。

家庭菜園 トマト ナス キュウリ ピーマン

今年から大幅に作り方を改良した『大玉トマト』。
昨年までよりも形も大きさも揃っています。ほぼ完ぺき。
画像の様に下から順に赤くなっていきます。『完熟トマトのなんたら』のコマーシャルは上から下まで熟してますよね。
インチキ。

家庭菜園 大玉トマト

赤くなった最初の2~3個をカラスにやられちゃいました。
その後ネットで防御。やっと収穫できましたよ~。+゚。*(*´∀`*)*。゚+

家庭菜園 大玉トマト

味は言うまでもありません。
うまか~~~。うまか~~~。o(≧ω≦)o
大切な事なので2回言ったばい。(爆

家庭菜園 大玉トマト

スーパーで買ってきたフルーツトマトが冷蔵庫に一個残ってたので食べ比べたんだけど、まるで水を飲んでるみたいに味を感じなかったのにはびっくりでした。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

もうすぐ収穫が始まるね

今月初め、一度目の間引き頃にはこんなに小さかった『ニンジン』。

1度目の間引き ニンジン

二度目の間引きにはこんな感じで、順調に育ちました。

ニンジン 間引き2回目

間引きした『ニンジン』はサラダで美味しくいただきましたよ。(*^_^*)
完全無農薬、有機栽培だから丸ごと美味しくいただけるのです。大地に感謝。

間引きしたニンジン

そして現在はこんな感じに立派になってます。そろそろ株元に土をかぶせてあげなきゃね。

大きくなったニンジンの葉

十日ほど前にはまだまだ青かった『大玉トマト』。

青いトマト 大玉

今はだいぶ赤くなって、完熟まじかですね。
今年は数々の『大玉トマト』の秘伝を授かり(爆、去年までとは格段の出来…になるはずです。(#^.^#)

大玉トマト もうすぐ初収穫

三年物の根株を四か所に定植した『アスパラ』。こんなにモサモサと生い茂ってます。
残念ながら発芽したのは三か所、一か所はダメでした。
来年は二年物をその場所に植える予定です。

アスパラ

さあ、これから『ナス』『ピーマン』『キュウリ』などなど楽しみな収穫の時期を迎える北海道です。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

2016の家庭菜園 (アスパラガス・大玉トマト・人参)

今年は6月に入っても寒い日や雨の日が多く、生育が心配な家庭菜園。
『アスパラガス』も10年ほど経っているので、3年物の根株を定植したのが5月の24日の事です。
すでに一カ月近くたつのに何の変化も無し。
phチェックも丹念に行い、念入りに耕したのに…。(T_T)

しかし、おととい『アスパラガス』の畑をチェックしていた時、『スギナ』と間違えて抜きそうになった小さな物体を発見。

家庭菜園 2016 アスパラの新芽

よく見ると、アスパラの赤ちゃんでした~。
一株だけまだ発芽してないけど、とりあえず安心です。

家庭菜園 2016 アスパラの新芽

それと毎年満足のいくものが収穫できない『大玉トマト』。今年は新しい栽培方法『寝かせ植え』にチャレンジです。
茎の三分の二ほどを土中に埋め、病気予防のため『元肥』は施さず、去年の残りの肥料だけである程度まで育てます。
藁のマルチで表面を覆い、土の温度や湿度を調整します。土中の微生物も多くなるみたいですよ。
さて、どんな結果になりますやら…。ドキドキ。

家庭菜園 2016 大玉トマト

去年、収穫までにかなり苦労した『にんじん』も、今年は見事に発芽が揃いました。

家庭菜園 2016 人参の新芽

有機栽培でゆっくり育てた『にんじん』は甘くて食感も抜群なのです。
保存していてもドロドロと溶けだしたりしません。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

越冬大根を掘り起こしたよ

「今年は雪が少ないなぁ」なんて言ってたら、帳尻合わせで三月の後半になってドカンと何度か大雪が降りました。
3月28日でもまだまだ畑は雪の下。

家庭菜園828 雪の下

4月に入って、どんどんと雪も解けて、こんな感じに畑が見えてきました。
やっぱり今年は雪解けが早いわ。

家庭菜園 雪が残る

去年の11月に、土の中に埋めておいた大根を掘り起こすことにしましたよ。
実は、車庫に保管していた大根は、凍った後に溶けてしまい、全滅してしまったので、ちょっドキドキです。

家庭菜園 大根貯蔵

埋まっている大根を傷つけないように、手で探りながら慎重に土を掘り起こします。
頭が出てきましたよ。無事だったか~(*´ω`)┛

家庭菜園 大根発見

切り落とした『成長点』の所が解けたようになっています。
この部分が冬の寒さで凍ってしまったのでしょう。

家庭菜園 傷んだ切り口 大根

でもその部分以外はこの通り。ピチピチの大根が現れました。良かった~。ヽ(≧∀≦)ノ

家庭菜園 掘り出した大根

切ってみると、こんなにフレッシュ。自然の力ってすごいです。

家庭菜園 綺麗な切り口

そのまま千切りにしてサラダにして、残りは煮物にして食べましたよ。
みずみずしく、かえって甘みも増しているように感じました。美味でございました~。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

大根の保存方法

畑の大根をすべて収穫しました。形の良いものを冷蔵庫に入るだけ詰め込み、『漬物用』や『浅漬け用』『切干大根用』そして数本を泥付きのまま新聞紙に包んで車庫の中に保管しました。
雪解けの季節まで保管するために、やや小ぶりのものを5本残し、畑に埋めることにしました。

家庭菜園 大根 畑 保存

保管する大根はすべて葉っぱの真下の『成長点』から切り落とします。

家庭菜園 大根 畑 保存

いろいろ埋め方は在るようですが、オーソドックスに縦に埋めることにしました。
畑に『大根』が縦に埋まるくらいの穴を掘り、大根同士がくっつかないように並べます。

家庭菜園 大根 畑 保存

土をかけていきますよ。どこに埋めたか分からなくならない様に目印もお忘れなく。

家庭菜園 大根 畑 保存

水が中に入りづらいように、土を少しこんもりと盛りました。
それにしても今年の土は雨が多かったせいか、ベタベタ湿気っていて重たいです。

家庭菜園 大根 畑 保存

その上にビニール袋を開いたものをかけて、周りを土で固め終了。

家庭菜園 大根 畑 保存

さて、来春どんな姿で畑の中から現れるか不安だけど楽しみで~す。(*^_^*)



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U