定山渓温泉 ふる川のお食事です。2

夕食の続き…。

『焼物』の次に出てきたのは『酢物』です。
「帆立葛たたき、黄身卸し、ヤングコーン、若布、ミニトマト」

ふる川 酢物

北海道で食べる魚介類はほんと、美味しいね。
『帆立』の甘みも旨みも全然ちがう。←何と??

次は『鍋』です。
「桜姫鶏春香鍋、春きゃべつ、蕨、たもぎ茸、桜人参、」~お好みでラーメンも御用意出来ます~

ふる川 鍋

お鍋には最初、澄んだスープしか入っていません。
そこに『桜姫鶏』のお肉と団子を入れて、スープがおいしくなってきた所でほかの具材を投入です。
お好みのラーメンは最初から付いてました。このラーメンが結構うまかったよ。

ふる川 鍋

さて、次は『食事』です。
「蘭越産ななつぼし、ひじきと桜海老の炊き込み御飯、発芽玄米入り」

ふる川 食事

『おひつ』を開けてみてびっくり!
これでもかって位のピチピチ桜海老がたっぷり。
普通は、お酒も飲んでるし、ご飯類はパスするのですが、これは食べなきゃ損。
期待通りうまかった~~~!!

最後は『菓子』。
「抹茶ババロアクレープ包み、黒蜜掛け、バニラアイス添え」

ふる川 菓子

「溶けかけたバニラアイスと一緒にババロアをいただくとおいしですよ。」との説明のお言葉に、ついうっかり撮影前に食べてしまいました。

完食。ごちそうさま~~。うまかった~。

それぞれのお味や盛り付けはもちろん、お料理の量も最後まで美味しくいただける丁度良いボリュームでした。
この『ふる川』のお料理が評判なのがよくわかります。
今度は夏メニューに変わったころに泊まりに来ようと思います。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

定山渓温泉 ふる川のお食事です。

『ぬくもりの宿 ふる川』は、お料理が評判のお宿です。
出来立てのお料理の美味しさにこだわって、お食事はお部屋ではなく、お食事処でいただくことになっています。
ただ、ペットOKの部屋だけは、ペットを一人にする事の無いように、という心遣いでしょうか?お部屋でいただくことになっています。

でも、そこはお料理にこだわりのあるお宿、一品一品、タイミングを見計らって出来立てのお料理が運ばれてきます。
お料理係の若い女性の方も動物好きの気さくな方で、とても楽しく食事をいただけました。
お料理が、ちょうどこの日の前日から『春メニュー』に変更になったそうです。ラッキー!

まずは『先付』です。甘くておいしい『食前酒』と共に運ばれてきました。
「蓬豆腐、花弁百合根、土筆、菜の花、いちごヨーグルト、美味出汁」

ふる川 先付

春を感じる盛り付けだなぁ…。
『蓬豆腐』に『苺ヨーグルト』ってどうなの?って思いましたが、なかなかマッチしてましたよ。

食べ終わるのを見計らって次のお料理、『造里』が運ばれてきました。
「桜鯛、本鮪、ほたるいか、甘海老、花弁大根、蓮芋、金魚草、醤油、酢味噌」

ふる川 作里

『ほたるいか』を『酢味噌』でいただくのは普通ですが、『桜鯛』や『本鮪』も、二片づつあるので『醤油』と『酢味噌』で試してみてください…、との説明です。さっそく試してみましたよ~。
うん、鮪や鯛でも『酢味噌』と合うんだね。でも、やっぱり『醤油』の方がおいしいかもね?
この『お造り』も、ほんと美味しかった。特に鮪は絶品でした。

ペットは畳に上げてはいけない事になっています。
『茶太郎』は、ほら、畳の上には絶対上がりませんよ。良い子だねぇ。
係りの女性の方もビックリしてました。本当に上がらなかったペットは『茶太郎』が初めてだそうです。

ふる川 料理 茶太郎

日本酒が飲みたくなったので、冷蔵庫から『杜氏の夢呑』をチョイスして、頂きました。
香りとキレのバランスの良い、料理によく合うお酒でしたよ。

ふる川 日本酒

さて次は『温物』が運ばれてきました。もちろん出来立ての熱々です。
「穴子道明寺蒸し、鶯あんかけ、南瓜、スナップエンドウ、蓮根白煮」

ふる川 温物

穴子がふっくらして、臭みもなくって美味しかった。
それぞれの料理の量がちょうど良くって、次の料理を楽しみに待つことが出来ます。

次に出てきたのは『焼物』。
「桜鱒塩焼き、蕗味噌添え、筍ポテト蒸し、蕗当座煮」

ふる川 焼物

『桜鱒』も、もちろん焼きたて。一緒に添えられている『蕗味噌』を付けて、皮まで美味しくいただきました。
筍の皮に包んで蒸されたマッシュポテトのような物も、春らしくかわいくって良いね。

長くなったのでつづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

ぬくもりの宿 ふる川

さて、『ぬくもりの宿 ふる川』へ入ります。
こんな風情のある旅館でも、ペットOKなのは嬉しい。

定山渓温泉 ふる川 エントランス 茶太郎

片隅には、おなじみの二代目『温(ぬく)ちゃん』が歓迎?してくれましたよ。

定山渓温泉 ふる川 ぬくちゃん

ペットOKのお部屋は2タイプあって、僕たちが泊まるのは『和室+サンルーム』のタイプ。
和室と言っても、ほとんどはフローリング(樹脂製)なので、お部屋を汚してしまう心配も少なくて済みます。

定山渓温泉 ふる川 お部屋

窓側には、ワンちゃん用デッキと足洗場がついています。

定山渓温泉 ふる川 サンルーム 茶太郎

でも、『茶太郎』はフローリングにマイルームを設置完了です。
ほんと親ばかですが、この子は本当にお利口さんなんですよ~。ちゃんとこの場所が自分の場所だって認識してくれます。

ふる川 茶太郎 お部屋

さて、楽しみな夕食前にお風呂をいただきますか。
ちなみに、着替えは『作務衣』か『浴衣』を選べます。
二人とも『作務衣』をチョイス。『浴衣』って、はだけて気を使うしね。
『作務衣』はとても着心地の良い工夫がしてあって、こっちを選んで正解でした。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

久しぶりに定山渓へ

3月18日の事。
家から車で15分ほどの、札幌の奥座敷『定山渓温泉』に久々にやって来ました。
東京に住んでいるときには考えられない環境だね。この本格的な温泉街にぷらっとやって来れる贅沢さ。

定山渓温泉 定山渓大橋 豊平川 雪景色

『かっぱ家族の願かけ手湯』の前で『茶太郎』も願掛け?
しかし、去年買った服がパッツンパッツンなんだけど…。高かったのに…。

定山渓温泉 かっぱ家族の願かけ手湯 茶太郎

『月見橋』の上で一息。
「ああ、きもちんよかねぇ~~。」

定山渓温泉 豊平川 月見橋 茶太郎

実は、この日はある目的のためにやって来たのです。

定山渓温泉 茶太郎

今日はここ『ぬくもりの宿 ふる川』に泊まるんだよ~~。
もちろん『茶太郎』も一緒です。

定山渓温泉 ふる川 茶太郎

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

定山渓の紅葉 二見吊橋

紅葉も終わりかけの10月15日の事です。
混んでいる足湯をあきらめ、『二見公園』の奥、『二見吊橋』にやって来ました。
まだまだ紅葉の美しかった『かっぱ淵』。

定山渓 2014 紅葉 二見吊橋 かっぱ淵

丁度、橋の上でテレビの撮影をやっていましたよ。

定山渓 2014 紅葉 二見吊橋 撮影

音声も同時にとっていたので、こちらもしゃべらないように気を付けました。
それにしてもこちらのテレビ局のゆるい事…。
東京だったら「撮らないでください!通らないでください!」って絶対言われるからね。

定山渓 2014 紅葉 二見吊橋 撮影

『茶太郎』も一緒に映っちゃおう。

定山渓 2014 紅葉 二見吊橋 撮影 茶太郎

あっと、どこのテレビ局か聞くのわすれた。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U