湯元温泉野営場 デイキャンプ

さて、『旭ヶ丘公園キャンプ場』をあきらめ、近場の無料キャンプ場を探します。
ここから約15キロほど離れていますがこれまた以前から気になっていた『湯元温泉キャンプ場』を目指すことにしました。
有名な『雪秩父』『大湯沼』のお隣にあるキャンプ場です。『雪秩父』は国民宿舎としてあと一日で閉館という日に、それを知らずに入りに来たのが最後でした。

『五色温泉』の方から行くと、途中一車線の細いくねくね道を通るので15キロにしては時間がかかりましたが無事到着です。

湯元温泉野営場 案内板

案内図で感じるよりも場内は狭いです。
先客は入ってすぐの雑木の中に小さなテントが一張りのみ。人の気配はないので登山か何かに出かけたのでしょう。
ここもリヤカーは無く、車も侵入不可なので入口入ってすぐの右側の木陰にキャンプ地決定です。
こうやって見ると明るくて広々としたキャンプ地に見えますが、実際はちょっと湿気ぽくて薄暗い印象でした。

湯元温泉野営場 セット完了

炊事場はこんな感じで無料にしては立派です。

湯元温泉野営場 炊事場

トイレも山小屋風の立派な建物。
ただし『トイレ』という表記がどこにも無いので、あとでやって来た関西訛りのライダーさんがトイレがどこか分かんなくて戸惑ってました。

湯元温泉野営場 トイレ

さて、『望洋中山』で買ってきた『あげいも』と『中山チキン』、それに『牛肉コロッケ』で乾杯です。
もちろん今日はノンアルですよ。(^∇^)

湯元温泉野営場 峠のあげいも 中山チキン 牛肉コロッケ

『茶太郎』も木陰でリラックス。いい笑顔ですねぇ。

湯元温泉野営場 茶太郎

一息ついたので場内を散策してみました。
キャンプ場の外側にはいくつかの芝生のサイトが点在しています。それぞれ木々に囲まれているのでプライベート感は最高にあるのですが、その分夜は怖いかも。
だって、ここは熊の生息地ですから…ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3。

湯元温泉野営場 芝のサイト

内側に点在する林間サイトはソロキャンパーさん向けでしょうか。
木陰が広がっていて、ここなら雨以外タープは不要です。

湯元温泉野営場 林間サイト

林間サイトには薪になるカンバの木が積まれていました。
鉈や斧があれば薪は持ってくる必要ないですね。

湯元温泉野営場 薪

ただし、禁止されている『直火』の後が点在してました。
ルール違反なだけじゃなく、山火事になる危険がとても高い場所です。
絶対にここでの直火はやめましょう。

湯元温泉野営場 直火跡

空を見上げると木々の間から青い空と入道雲。夏だねぇ。

湯元温泉野営場 入道雲

最初は虫も多いし眺望も望めないし、木々に囲まれてちょっと陰気なキャンプ場だなって思っていたのですが、夕方が近づくにつれて、木洩れ日と鳥の声が心地よく、マットの上でついウトウトとしてしまいました。

湯元温泉野営場 下から見上げたシーン

この『湯元温泉野営場』はファミリーでのキャンプは搬入時の事を考えると不向きですが、ソロキャンパーには魅力的な場所だと思います。
ソロキャンパーの方でも搬入がめんどくさいんですね。
駐車場の片隅にテントを張ってる強者がいましたよ。(゚∀゚)

湯元温泉野営場 駐車場のテント

再び訪れるかどうか分かりませんが、かなり好印象な野営地でした。
そうそう、去年の台風で弱っている木があるので、木のそばにはテントを設営しないように注意がされてました。
どの木が弱っているのかは目視では判断できないそうです。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

旭ヶ丘公園キャンプ場 デイキャンプ

8月7日
お天気も良いのでデイキャンプに行くことにしました。
夏休み真っ最中なのでメジャーな所は避けて、無料で割と近い場所の『倶知安町旭ヶ丘公園キャンプ場』へ行ってみることにしました。
以前から気になっていたキャンプ場です。
『北海道キャンプ場ガイド』だとペット禁止になっているのですが、今年から買い始めた『北海道キャンピングガイド』ではペットOKになっているので、その確認もしたかったのです。

時間もないし、調理するのも面倒なので途中『望洋中山』で色々と買い込んで行くことにしましたよ。

望洋中山 あげいも屋

雲が多めだけど、途中の『羊蹄山』が美しい。

羊蹄山

というわけで『旭が丘公園』に到着。キャンプ場は一番奥の方にありました。
駐車場はキャンプ場よりも一段低い場所にあります。

旭ヶ丘公園キャンプ場 駐車場から

リヤカーはありませんが、搬入時は一段上のこのロータリーまで車を持ってくることが出来るので大丈夫かな?
しっかし、思ってたよりも激セマです。これは落ち着かないね。

旭ヶ丘公園キャンプ場 ロータリー 炊事場

トイレは切り株のデザインでキレイですね。

旭ヶ丘公園キャンプ場 トイレ

そうそう、今日は日差しが強いので『システムタープヘキサDX』を用意したのですが、途中でガイロープを入れてないことに気が着いちゃいました。
ガ~~~ン!・゚・(つД`)・゚・
仕方がないので日陰を見つけてデイキャンプしようと思ったのですが、このキャンプ場は日影が無いです。
このテーブルでも良いかって思ったのですが、やっぱり落ち着かなさそう。
しかも二つのテントが張ってあるのですが、どう見ても常駐してる気配。それも不気味だったので他に行ってみることにしました。

旭ヶ丘公園キャンプ場 テーブル

一番奥からの風景。
『羊蹄山』が真正面にどーんと構えています。これが人気の理由らしいですよ。

旭ヶ丘公園キャンプ場 奥からの風景 羊蹄山

ペットの件ですが、こんな看板がありましたよ。
『北海道キャンプ場ガイド』は他にも間違いが多いし、もう来年からは『北海道キャンピングガイド』しか買いません。圧倒的に見やすいしね。

旭ヶ丘公園キャンプ場 看板 ペット

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

八剣山果樹園(キャンプ場) 視察

7月26日
朝晩は寒い位だけど爽やかな晴天日、北海道もいよいよ夏休みシーズン突入です。
キャンプ場は大変なことになってるでしょうね。(T_T)
特に『美笛』とか『モラップ』とか…。

北海道の夏休みが終わる八月中旬まではしばらくキャンプもお休みかな…、なんて思ったんですがやはりキャンプの虫がウズウズ。
という事で近場も近場、家から車で10分かかるかかからないか、ってくらい近場の『八剣山果樹園』を視察に行ってきました。

あっという間にとうちゃこ。
どーんとそびえる『八剣山』。

八剣山果樹 キャンプ場 入口

ここはキャンプ場という訳ではなく、いろんなアクティビティの中の一つにキャンプがあるという感じの施設です。
ってゆうかこんなに近くなのに今年までここにキャンプ場があるなんて知りませんでした。・゚・(つД`)・゚・
周りに聞くと、結構有名らしく使ったことがある人も結構いましたよ。

八剣山果樹 キャンプ場 入口から

左手奥に例のモノ発見!!
ここのトイレは汚くて臭いと有名らしいです。これのせいで利用したくないって人もいるくらい。

八剣山果樹 キャンプ場 トイレ

怖いもの見たさで中を覗いてみましたよ。

八剣山果樹 キャンプ場 トイレ内部

思ったほど汚くないですよ。匂いはトイレ臭いというよりも芳香剤がちょっときつい感じです。
でも大きい方も簡易洋式になっていて『曙公園』のトイレよりも綺麗です。あそこはトイレ臭も半端ないし。(っω・`。)

八剣山果樹 キャンプ場 トイレ 大

受付に断って施設を見学させてもらいました。
こんな感じで撮るとすごく素敵な場所に見えますよね。ふっふっふ。
ちなみにこの場所は屋外のバーベキュー施設になるのかな?

八剣山果樹 キャンプ場 東側から

その奥に『釣り堀』があって、そのさらに奥の芝生の広場が『キャンプ場』になってます。
こんな場所だと『鮎』だとか『鱒』だとかが釣れそうですが、残念ながら『鮒』と『鯉』しか釣れません。
もちろんキャッチアンドリリーズです。

八剣山果樹 キャンプ場 釣り堀からのキャンプ場

まだ午前中ながら一人の男性が設営中でした。
それにしても狭いスペースです。自分の感覚だったら2~3組も入ったらいっぱいいっぱいって感じでしょうか。

八剣山果樹 キャンプ場 東側奥から

このキャンプスペースには搬入、搬出の時に限って車を入れることが出来ます。終わったら車は駐車場に戻します。

八剣山果樹 キャンプ場 八剣山 茶太郎

そうそう。
このキャンプ場には二羽の『白鳥』ならぬ『アヒル』が住んでます。いたずらしないのかね。

八剣山果樹 キャンプ場 アヒル

キャンプスペースの中に専用のかわいい小屋まであるんですよ。
どうやら名前は『リサ』と『レナ』のようです。両方女の子かな?

八剣山果樹 キャンプ場 アヒルの小屋

札幌都心に近いから、あとで友達呼んだり…みたいな事も多いみたいでマナーが気になりますが、思ったよりもいい雰囲気なので気楽にキャンプしたい時は一度利用してみたいと思います。『小金湯温泉』もすぐ目と鼻の先だしね。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

2017 モラップキャンプ場 2

この『モラップキャンプ場』は実はあまり好印象じゃありません。
風景は晴れたら最高なのですが、マナーがあまり良くないような気がしますし、一般の観光客も入って来るので落ち着きがない雰囲気です。
団体のイベントも多いようで、今回もタバコの吸い殻があちこちに散乱してました。
こんなに綺麗な場所なのにもったいないね。(´・_・`)

モラップキャンプ場 T.P.クレスト 恵庭岳

さて、食事はシンプルに炭火で焼肉。でもこれが一番おいしいんだよね。
向こうではカヌー談義が楽しそうです。こんな綺麗な湖にカヌーで浮かんだらさぞかし気持ちいいんだろうなぁ。

モラップキャンプ場 焼肉

夜はいつもの焚火で楽しい夜を過ごすはずだったのですが…、やっぱり恐れていた事が…。
隣のテントが夜遅くまで大騒ぎ。やっぱり嫌な予感が的中しちゃいました。
思い出したくもないので詳しくは書かんけどね。(*`へ´*)

モラップキャンプ場 焚火

夜は思いがけない雨が降ったんですが、朝は昨日よりも雲があるものの穏やかな天気です。

モラップキャンプ場 T.P.クレスト 恵庭岳

隣には昨日のキャンパーもずっといて、あんまりこの場所にいたくないので早目の撤収。
と言っても帰るわけじゃなくって、少し離れた木陰でのんびりコーヒータイムしました。

モラップキャンプ場 木陰 風不死岳

湖からカヌーに乗ったワンちゃんたちが帰って来ましたよ。大人しくってお利口さんですね。
『茶太郎』だったらどうなるんだろう。無理かもね。

モラップキャンプ場 カヌー ワンちゃん

『茶太郎』も昨日のトラブルの疲れか、本当に眠そうでした。
そろそろ帰ろうね。

モラップキャンプ場 茶太郎

帰りはちょっと遠回りして『美笛峠』の方からニセコ経由で帰り『小金湯温泉』で疲れを取りました。
ちょっと残念なキャンプだったけど風景は最高だったなぁ。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

2017 モラップキャンプ場 1

6月28日~29日
なぜか今季のキャンプはお天気に恵まれる僕たち。
今回は薄い雲がかかっている場所もありますが、おおむね良いお天気の中『モラップキャンプ場』に行ってきました。

まずは恒例、『茶太郎』のオシッコタイム。

支笏湖 展望台 茶太郎

去年のキャンプの時と違ってこんなにいい天気。湖も綺麗です~。o(^▽^)o

支笏湖 展望台

お約束の『ポロピナイ休憩所』に降りてって、人間もトイレタイム。
今日は湖面が鏡のようで美しいねぇ。絵葉書みたいです。

支笏湖 ポロピナイ休憩所

お昼過ぎに『モラップキャンプ場』に到着。受付を済ませ場所を探します。
今回は、前回よりもちょっと奥、ちょうどトイレと炊事場の中ほどに張ることにしました。

じゃ~~ん。 美しい~。
設営時間も三度目なのでサクサクと終わりましたよ。
誰も居ないみたいですが、この時点で5組ほどのキャンパーがいましたがお目当ての場所あたりは空いてました。

モラップキャンプ場 T.P.クレスト 恵庭岳

左手にはド~ンと『風不死岳』が見えてます。風も無く、ほんとに気持ちのいい天気です。

モラップキャンプ場 T.P.クレスト 風不死岳

ビールで乾杯もすませ、次は『カルディ』で買ってきたレモンスパークリングで乾杯です。乾杯ばっかりです。
キャンプは乾杯の為に来てるって言っても過言ではないね。

モラップキャンプ場 レモンスパークリングワイン テントファクトリー テーブル ウッドライン スチールワーク FDテーブル600

美しい『支笏湖』と『恵庭岳』を肴に飲む一杯は格別です。
そうそう、今回からメインのテーブルが『ウッドライン スチールワーク FDテーブル600』に変わりました。
あっつあつのグリルパンも安心して載せることが出来ます。なかなか使い勝手にもGoodです。

モラップキャンプ場 チェアの向こうに恵庭岳

飲みながらまったりとしていると気が付けば周りにもそこそこのテントが張られていました。
このくらいでも僕たちにとってはちょっと窮屈な感覚です。
慣れって怖いね。

モラップキャンプ場 T.P.クレスト テント群

いつもの貸し切り状態に慣れちゃったこの子も何となく落ち着かなさそうでした。

モラップキャンプ場 茶太郎

人間ともども少しはこの環境にも慣れないとね…。(。-_-。)

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U