fc2ブログ

長ナスの青枯病 その後の経過

『長ナス』の一本の株がある日ほとんどしなしなに萎れていました。
とりあえず萎れた葉っぱを摘葉し、手元にあった『ミネチット』と『菌の黒汁』を病状の出た株元だけでなく、すべての『長ナス』と隣の『大玉トマト』まで土壌感染しないよう広い範囲に与えて様子を見ました。

しばらくは、朝起きて畑が全滅していたらどうしようと不安な夜を過ごしましたが…。

見事復活したようです。\(^o^)/

長ナス 青枯病 脇芽 復活

もともとあった枝の葉はほとんど落ちてしまったのですが、下の方から元気な脇芽がすくすくと育って来ました。
周りの株への感染もまったくありません。

追肥として『菌の黒汁』と相性の良い有機肥料の『フルユウキミックス』と『バットグアノ』を根元周りに追肥。

フルユウキミックス バットグアノ 100%有機肥料

そして『菌の黒汁』は三日おきに三回根本にたっぷりと施肥しました。
これからは定期的に『万田アミノアフファ』を葉面散布してフォローしたいと思います。

万田アミノアルファ 菌の黒汁

現在、毎日数枚づつ萎れていた葉も、生き生きと回復してきています。
2本ほど収穫もできました。
いやいや、ほんと頑張ってくれた『長ナス』くんに拍手です。(*´∀`人 ♪




↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト