fc2ブログ

大玉トマトの連続摘心栽培 捻枝2回目 トマトの様子

8月に入ってすぐに2回目の捻枝作業を行いました。
主枝の第二果房下の脇芽を延ばしたものを捻枝します。←自分で書いててもややこしい(*ノ∪`*)
もう手慣れたものですいすいと捻枝完了…、って、一回、思った方と逆に回して戻したため軽くぱきっていった時は少し青ざめました((((;゚Д゚)))))))

大玉トマト 捻枝 二本目

やはりこの『連続摘心栽培』は実が大きく熟してくるのも早いような気がします。
第三果房までですでに14個がきれいにサイズも揃い、赤く色づいています。

大玉トマト 完熟

この一番右側の真っ赤に熟した『大玉トマト』をいただいてみました。
「うっま~~~い!!」o(^▽^)o
今まで育ててきた『大玉トマト』の中で最高の出来です。ジューシーで旨みたっぷり。
今後の収穫に期待です。

『ミニトマト』と『中玉トマト』は今年からすべて『くきたっちアルファ』を使った吊り下げ栽培に移行しました。
こっちの方が全然簡単に整枝ができますね。すっきりしてるので脇芽の取り損ないもありません。
でもこの『ミニトマト』よりも『大玉トマト』の収穫が早いのには感動しました。

ミニトマト 吊り下げ くきたっちアルファ

これからの収穫がたのしみだなぁ。

「カラスには一個もやらんけんね!」
大玉トマト 茶太郎
「オレのトマトばい。」

『ピカピカイエロ』のおかげでその後1個もカラスに取られていません。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



大玉トマトの捻枝1回目 その他の作業

さて、『大玉トマト』の第三果房に二株とも着果が完了しました。

大玉トマト 第三果房 着果

ここ数日雨が降らなかったので、7月11日の午後に1回目の捻枝を行いました。
最初は失敗しないように『プライヤー』を使って枝を潰そうと思ったのですが、傷つけそうで結構これが怖い。
潰しすぎたらどうしよう…(つД`)ノ

大玉トマト 捻枝 プライヤー

で、結局普通に手作業で捻って枝を曲げることにしました。
去年の『大玉トマト』の畑終いの時に何回か練習していたので、思ったよりも簡単に出来ちゃいました。^^

大玉トマト 捻枝 結局手作業

二本とも無事捻枝が完了しました。
これからどんな感じに成長するのか楽しみです。ワクワクo(^▽^)o

大玉トマト 捻枝 完了

7月9日に『キュウリ』と『ナス』に葉ダニを発見!
さっそく『アーリーセーフ』を散布しました。
翌日確認したところ綺麗に駆除出来ていました。天然由来の成分だし安全でほんとに便利です。

『キュウリ』がなぜか先細りの実が散見されます。水不足って事は無いし、生長が早いせいで肥料不足の可能性があると思い、追肥と共に『ミネチット』と言うミネラルたっぷりの液肥を葉面散布しました。改善すると良いなあ。
でも一番の原因は日照不足と寒さのせいだと思います。☀



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

7月上旬の菜園

今年は雨が多く、日照時間が不足気味なのですが、比較的順調に野菜達は育ってくれています。

ますます大きな玉になってきた『レタス』。既にぎゅうぎゅうにしっかり締まった状態です。
『ナメクジ退治』は雨が降るたびに周りに振りかけていますが、果たして効果はどうでしょうね。

レタス 見事な球状

『キュウリ』は一週間ほど前の画像ですが、この後もすくすくと育ってネットの最上段、約2メートルほどまで親づるが伸びたので摘芯しました。
この後二つほどの『力づる』を延ばしていく予定です。
数枚の葉に『べと病』らしき兆候が出ているのが気になるところ。『サンボルドー』を使用した方が良いか悩ましいです。

キュウリ 摘芯

『中玉トマト』におまけで付いてきた『バジル』の種もすくすくとそだっています。
とても健康な双葉で、エネルギーに溢れています。来年は『枝豆』や『空芯菜』もセルトレイで育苗から始めようかな?

バジルの芽

『大玉トマト』の第一果房にやっと一個だけ小さな実が着果した株ですが、その後もその実はあまり大きくならず、まるで『石ナス』のような雰囲気です。第二、第三の果房は確実に着果できたので摘果した方が良いかもしれません。

大玉トマト 第一果房 一個だけ着果

今年初めてトライしている『連続摘芯栽培』も今のところ順調です。
すでに二株とも第三果房まで着果を確認し、主枝の摘芯は終わって捻枝を待つのみです。緊張するなぁ。
ビニール紐で支えているのが、すでに摘芯を終えた主枝、イボ竹に固定しているのがこれからの主枝となる第二果房直下の脇芽です。

大玉トマト 主枝 脇芽

『キュウリ』と『ピーマン』は既に収穫が始まりましたが、やっぱり真っ赤に熟した『大玉トマト』の収穫が家庭菜園の醍醐味ですね。\(^o^)/



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U