やっぱり曙公園キャンプ場へ 2

朝の6時前、『茶太郎』のトイレを済ませるためにテントの外に出てみました。
朝霧がかかっていてとても幻想的な風景です。
『中島』も霧に覆われていてほとんど見えません。

曙公園 朝の幻想的な風景 アルマディ6

ちょっとだけ二度寝して起きた時は8時前。
少し霧が晴れてますます幻想的な美しい風景になっていました。
カメラを抱えた人もちらほら居たのでこの時期は美しい風景が見られるのかもしれません。

洞爺湖 幻想的な朝の中島

白鳥が湖面に映っていて美しいです。

洞爺湖 幻想的 白鳥

この白鳥、湖面に降りていくと近寄って挨拶してくれるのですが、ツレはスルーされてました。WW(*σ´Д`*)

洞爺湖 白鳥無視

南の方から青空が広がって来ましたよ。

曙公園 青空になってきた

『茶太郎』はいつも二日目は眠そうです。

曙公園 茶太郎アップ

でも久しぶりに小枝カミカミを始めましたよ。小さい頃は一日中やってたもんね。(´∀`*)

茶太郎 小枝をカミカミ

お昼は焼きうどんをツーバーナーで作りました。それにしてもこのダイソーのケース、スパイスケースとして抜群です。フックは使わない時はケースの中に綺麗に収まる仕組みも良くできてますね。

キッチン スパイスケース

お昼を食べ終わる頃には北東の空も晴れてきましたよ。日陰にいないとちょっと暑い位。

曙公園 アルマディ6 青空

前日の早朝まで警報が出る位の大雨だったせいでテントの中はびしょびしょに結露してました。
お昼を食べ終わった後、インナーから順番に乾かしながらのんびり撤収。
3時には撤収完了です。

曙公園 撤収完了

帰りの『羊蹄山』にはまだすごい迫力の雲がかかってましたよ。何度見ても美しい風景です。

帰り道 羊蹄山 雲

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

やっぱり曙公園キャンプ場へ 1

『仲洞爺キャンプ場』がテントであふれていたので他のキャンプ場へ行くことにしました。
一番近いのは『財田キャンプ場』です。しかしここは管理が良すぎて僕たちの好みではありません。
結局『曙公園キャンプ場』に落ち着いちゃいました。ヽ(´∀`)ノ

今回は『仲洞爺キャンプ場』の狭い砂浜にテントを張るつもりだったので、横向きに建てても湖面側を開放できる『アルマディ6』をチョイスして来たのです…。

曙公園 洞爺湖 アルマディ6

本当は気分を変えるためにもっと駐車場寄りの砂浜部分にテントを立てようと思っていたのですが、この場所にはすでにでっか巨大ドームテントが2張りあります。人影はなく今は静かなのですが、騒音などのトラブルは嫌なので近くは遠慮しときました。

曙公園 砂浜 ドームテント

とりあえずの乾杯。間違いなく最高の一杯です。

曙公園 乾杯 茶太郎

湖では『SUP(スタンドアップパドルボード』で子供たちが遊んでいます。
インフレーター式の小さくなるタイプのもので、これ、自分も欲しいんですが、結構いいお値段するんですよね。

曙公園 洞爺湖 アルマディ6

北海道は暗くなるのも、もう早いのでさっそく炭をおこして『スパイシーポーク』を焼きました。
やっぱり炭で焼くとソトはカリッと、中はふっくらジューシーでうまうまです。

曙公園  豚肉スパイシー焼き

その他サガリとホルモンやら家の畑で採れた『ナス』やら『ピーマン』やら『シシトウ』やらも焼き焼き。

炭焼き 野菜やお肉

4時ごろには太陽が後ろの山に沈みます。

曙公園 アルマディ6 日の入り

『曙公園』のある『洞爺湖』の北西側は山の陰に隠れて暗くなってきますが、反対の『仲洞爺キャンプ場』の方面はまだまだ西日で明るいはずです。
夏はあちらは西日がきついでしょうし、太陽を背にするこちら側の方が空の色も綺麗です。

曙公園 アルマディ6 対岸は明るい

やっと『焚火』がありがたい季節がやって来ました。
しっかし、もう『雪虫』が飛んでるんですけど。(゚д゚)
今までの経験上、『雪虫』が飛ぶと必ず1週間後位に初雪が降ります。この辺の山間部はもしかすると初雪が降るかもしれないね。

曙公園 茶太郎 焚火

そうこうしているうちに砂浜のドームテントの主達が沖から帰って来ました。
この公園の付近はエンジンなどのついたボート類は接近禁止なはずだし、ましてや進入禁止の浜に車を入れてボートを引き上げるマナーの悪さ。しかも子供たちもいっぱい。どんな神経してるんでしょうね。(*`へ´*)
天罰が下ったのか、車がズルズルと湖に引っ張られていっちゃたよ。
でも早々に帰ってくれたので一安心。

曙公園 砂浜 四駆とボート

辺りもあっという間に暗くなり、対岸の『洞爺湖温泉』の明かりがともります。
今日もしっかりと花火が上がってました。

曙公園 対岸の明かり

暗くなるとともに気温もぐんぐん下がって来たので幕内に入って二次会。
幕内でおでんと日本酒でちびちびと楽しみました。

曙公園 夜のアルマディ6

もうすでにこの『ユニフレーム ワームII』では対応できない寒さです。
やはり何か対応策を考えないといけないなぁ。

曙公園 ユニフレーム ワーム2

つづく…。

 

↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

2017 今年2回目の高岡オートキャンプ場 3

早朝まだ朝の5時。
荒らされたゴミを回収し、ついでに『茶太郎』のトイレタイムも済ませました。
オレンジ色の朝日が清々しくて気持ちいい。\(^o^)/(」*´∇`)」

高岡オートキャンプ場  早朝 茶太郎 T.P.クレスト システムタープヘキサDX

ちょっとだけ二度寝して起きた時にはこんなにスッキリ良い天気でした。
今日は曇り時々晴れの予報だったけど晴れて良かった。

高岡オートキャンプ場  気持のよい朝 T.P.クレスト 

沖では漁船がクレーンのようなものを使って何かを吊り上げています。
この辺は帆立の名産地なのでその養殖なのかな?

高岡オートキャンプ場  漁船

死んだホタテでしょうか?綺麗なまんまのホタテの貝殻が浜辺に落ちてました。
どう見ても焼いて食べた後じゃないよね。+.(*'v`*)+

高岡オートキャンプ場 ホタテの貝殻

北海道はこれから日に日に秋の気配が強くなっていくのでしょう。
次のキャンプはもうストーブがいりそうだね。

高岡オートキャンプ場  ススキ T.P.クレスト システムタープヘキサDX

お昼は『ラーキャン』です。W(`0`)W
ちょっとお値段高めの袋めん。今回は塩ラーメンをチョイスしました。

塩ラーメン

少々高いだけあって麺がとても美味しかったです。
キャンプでラーメン、なかなか良いね。

塩ラーメン 出来上がり

食後はタープの下でまったり。
天気予報の通り、晴れたり曇ったりの繰り返し。昨日よりもちょっと蒸し暑いです。

高岡オートキャンプ場  システムタープヘキサDX キッチン

このキャンプ場はチェックアウトの時間はないのですが、今回は4時でオーダーストップになる『きのこ王国』でそばを食べたかったのでちょっと早目の撤収。
キラキラとした海が名残り惜しいね。

高岡オートキャンプ場  キラキラした海の午後

海キャンは今年はこれで最後かな。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

2017 今年2回目の高岡オートキャンプ場 2

さて、ビールを飲んで一息ついたところで炭に火を起こしてピザを焼きました。
自家製のトマトとピーマンのピザです。今までで一番おいしくできたかな。

自家製野菜のピザ

ピザの次はエスニックな味に漬け込んで炭火でローストしたチキンです。
『五香粉(ウーシャンフェン)』のような香りがたまりません。ビールに合う~~。v(o゚∀゚o)v

エスニックチキン

『茶太郎』もさっそくのちょうだいちょうだい炸裂です。
味の染みてない真ん中あたりのお肉をちょっとだけおすそ分けしましたよ。

茶太郎のちょうだい

美しい海と空、それにうまいお酒に食事、最高の午後のひと時です。

高岡オートキャンプ場  浜辺

うだうだと贅沢な時間を過ごしていると、あっという間に日が傾いてきました。
キラキラ光る海がきれいです。
先日の日本海側の『あそびーち石狩』では左手に沈んでいく太陽が、こちら太平洋側では右手に沈んでいくんですよね。
当たり前ですが、こんなに日本海側と太平洋側両方に近い場所って、この北海道の道央辺りしかないんじゃないでしょうか?

高岡オートキャンプ場  夕暮れの海

夕日に照らされる『茶太郎』のお尻。
この後ろ姿がたまらなく可愛くて好きです。ほら、なんかブルマはいた昔の女の子みたいな感じ。
↑親ばかです(* ´ ▽ ` *)

高岡オートキャンプ場  茶太郎 後ろ姿

日が暮れだすとほんとに早い北海道。肌寒くなってきたので焚火で暖を取ります。
今日もいいお月さまです。

高岡オートキャンプ場  焚火と月

ニューアイテム『ロゴスフルコンソフトランタン』は白色と暖色が無段階で選べていい感じです。
こんな感じでテーブルの上で楽しんだり、ぶら下げて使う事も出来ます。

高岡オートキャンプ場  ロゴスフルコンソフトランタン

月が登ると、その光が海に反射してとても神秘的でした。

高岡オートキャンプ場  海に映る月

夜はかなり風が強かったのですが、そんな中またまた幕内のごみを外に持ち出して荒らした輩が現れました。
最終的に荒らしていたのはカラスなのですが、テントの中から持ち出したのはほかの奴じゃないかと思います。
これで3回連続テント荒らしに会っちゃいました。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

2017 今年2回目の高岡オートキャンプ場

9月5~6日
前回雨模様で行けなかった海キャンプに出かけました。
目指した場所は『豊浦海浜公園』です。

今日はカラッとして北海道らしい良い天気。
『羊蹄山』にかかる雲が噴煙みたいです。

羊蹄山 

『ニセコ』辺りの風景。北海道!!って感じの素敵な風景。
それにしても前の車、札幌からずっと一緒なんだけど。

二ぜコ 

目的の『豊浦海浜公園』に到着。
しかし、今回幕を張る予定のステージの向こう側はすでにテントが張られています。
前回設営した場所も、子供たちの集団がいてキャンプするような雰囲気じゃありません。

豊浦海浜公園

結局ここでのキャンプは断念。
『高岡オートキャンプ場』に移動することにしました。
いつもテントを張る奥の方には先客のご夫婦がスクリーンタープを張られていたので、駐車場のすぐ脇に張ることに決定。
搬入も楽でほぼオートキャンプ状態で良かったです。トイレも炊事場も近いしね。

高岡オートキャンプ場  T.P.クレスト システムタープヘキサDX

設営もサクサクと終わりさっそく乾杯です。やっぱりうまい一杯目のビール♪
しっかし、持ってきてよかった『システムタープヘキサDX』。日陰なしではとてもいられません。
ちょっと高かったけどこのタープにしてよかった~。 (o‘∀‘o)*:◦♪

ビールで乾杯 茶太郎

『茶太郎』もおやつをおねだり。

タープの下 茶太郎

日差しはきついのですが、浜辺は秋の気配。いい雰囲気です。

高岡オートキャンプ場  浜辺 ススキ

後ろの『ウィンザーホテル』も今日はくっきりよく見えます。
ホテルからの眺めも最高でしょうね。

高岡オートキャンプ場  T.P.クレスト システムタープヘキサDX ウィンザーホテル

この『T.P.クレスト』というテント、こんな晴れた日でも中は風が通って本当に居心地が良くて最高なのですが、数少ない欠点の一つにペグ打ちの数があります。
ガイロープ、スカート抜きで全部で20ヶ所、全部打ったら36ヶ所もあります。
ほとんどは『グランドシート』を張るときに使用します。その数何と全部で16ヶ所。

高岡オートキャンプ場  T.P.クレスト システムタープヘキサDX

逆に言えば『グランドシート』さえ張り終えればあとはあっという間にテントが立ち上がります。
後がつらいよりもいいかもね。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U