fc2ブログ

久々のデイキャンプ~洞爺湖

ご無沙汰しております。

最近あんまり体調が優れずキャンプに行くのに自信がなかったのですが、デイキャンプなら大丈夫かな?と思い久々に出かけてきました。(世の中キャンプブームみたいなんで混んでるの嫌なのもありましたが…w)
目指したのは『洞爺湖』です。
事前に管理事務所に連絡し、テントを張らず火気を使用しなければデイキャンプはOKとの事。タープは大丈夫です。

お約束の『中山峠』でトイレタイム。天気予報どおり朝からどんよりと曇っています。『羊蹄山』も姿を隠しています。

デイキャンプ 中山峠

『洞爺湖』に到着。『曙公園』のいつもの場所に来てみました。残念ながら立ち入り禁止になってます。

デイキャンプ 洞爺湖 曙公園

そこでトイレにも近い『浮見堂』横の木陰に決定。マットひいてテーブルとチェアを広げただけだけどね。(* ´ ▽ ` *)
ここだとタープも必要なさそうです。

デイキャンプ 洞爺湖 浮見堂辺り

お昼は『中山峠』で買ってきた『峠のあげいも』と『中山チキン』そしてデザートの『峠のあんドーナツ』です。ドーナツ生地の中はあんこと白玉が入ってます。なんと賞味期限が本日!結局お腹いっぱいで翌日食べましたが白玉はぷるぷると柔らかくて美味しくいただけました。(o‘∀‘o)*:◦♪

デイキャンプ 洞爺湖 峠のあげいも 中山チキン 峠のあんドーナツ

『曙公園』の主、白鳥のカップルはとても元気そうで安心。相変わらず仲良さそうでしたよ。(#^.^#)

デイキャンプ 洞爺湖 主の白鳥

途中からすっかり天気は回復し、気持ちの良いデイキャンプがすごせました。

帰りは『サイロ展望台』に立ち寄って帰る事にしました。新しいキャンプ場も途中に出来てましたよ。

デイキャンプ 洞爺湖 サイロ展望台

『サイロ展望台』は道の駅自体は昔のままでしたが、隣にログで出来たカフェや木道に続く展望デッキも出来ています。
それにしてもすっかり晴れて絶景を楽しめました。ここは標高170メートルもあるんですねぇ。

デイキャンプ 洞爺湖 サイロ展望台 茶太郎 ソフトクリーム

最近マイブームのソフトクリームを購入、『茶太郎』も大好物。一心不乱で舐めまくりまくってます。w

デイキャンプ 洞爺湖 サイロ展望台 茶太郎 ソフトクリーム

ヘリコプターの遊覧飛行場も出来ていました。パイロットの女性が暇そうに呼び込みしてましたが、数分で結構なお値段だし『茶太郎』も居るので断念、っていうか高い所好きじゃないんだよね。

洞爺湖サイロ展望台 ヘリコプター

最後は『小金湯温泉』で久々にゆったりまったり。最後にここに立ち寄って食事まで済ませるとなんか旅行に行った時のような充実感があるんだよねぇ。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



洞爺湖 曙公園キャンプ場 3

この日、6月18日はとても爽やかな朝でした。
夕方やって来た沢向こうのキャンパーさんは、まだ夜が明ける前に帰られていきました。今日もお仕事かな?

さて、お日様も顔をだし、テントの中はちょっと暑い位になったので、後部の入り口もちょっとだけオープンして換気をします。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 アルマディ6

『茶太郎』はまだ眠そうです。お目目がトロ~~ンってなってるよ。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 茶太郎

朝のコーヒーと朝食作り。これも我が家は目玉焼きやトースト、ソーセージなど、簡単なもので済ませます。
ゆったり、まったりとした時間重視のキャンプなのです。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 アルマディ6

食事の後、『茶太郎』は、あまりの気持ちの良さに二度寝してました。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 茶太郎

その後、『中島』をバックにトイレタイム。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 茶太郎

そうそう、このキャンプ場(公園)は、設備がとても簡素です。
人間用のトイレも、このような簡素なもので、もちろん汲み取り式の香り着きですよ。
トイレの穴がでかくて、落ちそうで怖いです。
ここが嫌な方は、大きな駐車場の方のトイレか、『とうや水の駅』まで行けば、きれいなトイレが利用可能です。
そういう意味では『中央公園・小公園』の方がいいのかもしれません。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 トイレ

炊事場もこんな感じで必要最小限です。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 炊事場

太陽も上がり、日差しがきつくなってきたので、『アルマディ6』の前室、リビングスペースでティータイム。
そんなに広くはないけど、二人と一匹だったら余裕でくつろげます。
こんな時『アルマディ』の特徴である『ひさし』部分が大活躍します。ここを開けると、日差しがきつかったり、雨が降っていても、換気がスムーズに行えます。

洞爺湖 アルマディ6 前室

この後、ものすごい音を立てながらテントのすぐそばまで芝刈りの車が入り、落ち着かない時間もありましたが、お天気にも恵まれ、最高のキャンプ日和になりました。
このキャンプ場はチェックアウトが午後4時なので、ぎりぎりまでの~んびり。
帰りたくな~~い。

今日もテントのそばでくつろいでいる白鳥さんに、別れの挨拶をして帰路に着きました。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 白鳥

また来るからね。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

洞爺湖 曙公園キャンプ場 2

北海道は夕方近くになってくると、どんなに暑い日でもほぼ涼しい風が吹いてきます。
やっと風も収まって来て、早めの夕食の準備にかかりす。

今回から『オガ炭』とはいえ、『備長炭』を使用するので、新兵器の『ロゴス(LOGOS)ポータブル火消し壷』を準備しました。
さすがに『備長炭』、火の付きが全然悪いのですが、そこは『キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)炭焼名人 FD 火起こし器』があるので、時間はかかっても着実に着火できました。

ロゴス

本来は料理好きの二人なのですが、いつもの様にキャンプの食事はシンプル。
途中で買った『根曲り竹』がメインかな?

ロゴス(LOGOS) 焚火ピラミッドグリルEVO L 備長炭オガ炭 寝曲り竹

見てください。この焼き加減。外はキツネ色に香ばしくカリカリ、中はジューシーにふっくら。
ずっと冷凍庫で眠っていた手羽先には見えません。もちろん食べても最高でした。
さすが『備長炭』は違うね~。火力が安定してるし、炭を足すことも必要ないし、もう手放せない。

手羽先 備長炭 炭火焼

これは僕たちのキャンプには欠かせない『ラタトゥイユ』。
いつも途中のスーパーで食材を探すんですが、今日はナスとズッキーニとトマトとキノコで作りました。

ラタトゥイユ

この浜の主?白鳥がこちらにやって来ましたよ。なんかもらいたいのかな?
野生の動物にはなにもあげないよ。ごめんね。
あれ?たった一つのテントもいつの間にか撤収されてて、帰るみたいです。昨晩組だったのかな?
このキャンプ場(公園)は夕方4時までにチェックアウトすればOKなんで、のんびりできます。ゴミも回収してくれるしね。

支笏湖 白鳥

少し涼しくなってきたので、早めの焚火開始です。
種火用に、ほんの1~2個の小さめの『備長炭』だけを残し、後は『ロゴス(LOGOS)ポータブル火消し壷』に収納しました。
さっきの白鳥が焚火の近くまでやって来たよ。あたりたいの?

ロゴス(LOGOS) 焚火ピラミッドグリルEVO L 焚火 白鳥

焚火を肴にお酒でのんびりしていたら、最初にテントを張ろうとした場所に男性二人組のキャンパーがやって来ました。
仕事が終わってからやって来たのかな?

支笏湖 アルマディ6 

このキャンプ場の係りの方が料金を徴収しに来たのは7時くらいだったと思います。
ここは、領収書を見て分かる通り、人数ではなくテントやタープそれぞれに料金がかかる仕組みなんですよ。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 領収書

そうこうしているうちに日も暮れて、対岸の『洞爺湖温泉街』の街あかりが見え始めました。
名物の花火も上がったのですが写真無しでっせ。

支笏湖 温泉街 対岸 夜景

朝の3時にトイレに起きた時にはこんな感じでうっすらと明るくなってきていました。
今日は風もなく、良い天気になりそうです。

支笏湖 早朝

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

洞爺湖 曙公園キャンプ場

さて、『オロウエン大滝』に泊まる予定が、そんなこんなでダメになっちゃいました。
もうお昼を過ぎています。そんなに遠くに行けないし、近場と言えばやっぱり『洞爺湖』でしょう?
『水辺の里財田キャンプ場』のように、区画が区切られた、管理の行き届いたキャンプ場は嫌いなので、いつもデイキャンプで利用する『曙公園』に決定!

いつもの場所は、残念ながらデイキャンプっていうか、日よけテントが張られていました。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 デイキャンパー

その横の、駐車場前の木陰に張ることに決定。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 

つうか、風が強い。
『ビジョンピークス(VISION PEAKS) キャンバスリラックスチェア』がぶっ飛ぶほどです。
これ、幕が張れるんかいな?

隣の、沢に囲まれた場所に行ってみると幾分風が穏やかで、木も無いのでポカポカして気持ちいい。
こちらに決定です。すでに降ろしてしまった荷物は沢を渡ってえっちらおっちら。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 

こちらも先ほどよりもマシですが、かなりの強風が湖面側から吹いてます。
時々幕を煽られながら、2時間以上もかかって幕を張り終えました。疲れた~。
目の前に『中島』を望み、両側は沢と言う、絶好の場所に設営できました。でも『ガイロープ』は風上側だけといういい加減さです。
『アルマディ6』が『洞爺湖』をバックに美し~い。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 アルマディ6

本来はテントの入り口を風上に張るのはタブーなんでしょうが、この場所でこちら向きに張らない人はいないでしょう。
しかも後ろはすぐに道路と民家が迫って来てる環境だしね。
炊事の場所は、風をよけてテントのサイド側に設営しました。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 アルマディ6

公園駐車場の横の砂浜にテントが一つだけありますが、ほとんど貸し切り状態です…、っていうか、いつも僕たちのキャンプは貸し切り状態の贅沢さなんだよね。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 アルマディ6

テントは張れたものの、まだまだ設営中にもかかわらず、『茶太郎』はテントの中でちょうだいちょうだい。
ご機嫌です。こいつ、ほんとにテントが好きなんだよね。一回入ったらなかなか出てきませんぜ。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 アルマディ6 茶太郎

本当はコーヒーを入れてゆっくりする筈だったんだけど、設営でのどがカラカラ。
もちろんこれでしょ。この瞬間がたまりません。洞爺湖さいこ~~!!

洞爺湖 曙公園キャンプ場 ビール

つづきまして、ワインタイム。
「まだ明るいのに大丈夫かいな?」って顔をしてる『茶太郎』でし。

洞爺湖 曙公園キャンプ場 茶太郎

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

洞爺湖 畔でデイキャンプ 2

つづきです。

昼食も食べたし、『中島』をバックに腹ごなしのお散歩です。
4月の北海道とは思えないくらい、ポカポカの春の陽気。『茶太郎』もルンルンです♪

曙公園 茶太郎 ルンルン

さて、私たちはお目当てのコーヒータイムです。
『ビジョンピークス(VISION PEAKS) アルミトップ焚火テーブル』を購入したので、安定したポジションで『SOTOレギュレーターストーブ ST-310』が使用できました。
この日は、たまに強い風が吹いていたので『ウインドスクリーン ST-3101』も大活躍。お湯も早くわきますよ。

曙公園 デイキャンプ コーヒー

横では『茶太郎』がくるみを見つけて遊び始めました。
以前のように飛ばして遊ぶことも少なくなってちょっと寂しい。

曙公園 茶太郎 くるみ遊び

遊び疲れて眠くなってきたみたい。

曙公園 茶太郎 眠い

腕の中でうとうと。

曙公園 茶太郎

のんびりとしている間に、あっという間に時間が過ぎて行きました。
帰りの寄り道した『サイロ展望台』からの風景も美しかった~。

洞爺湖 サイロ展望台

次はテントの出番かな?



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U