FC2ブログ

優しい時間3~森の時計

『森の時計』の雰囲気は、本当にドラマの中のお店と同じように、ゆったりと『優しい時間』が流れています。
インテリアや小物、食器などもドラマの中と同じです。
窓辺の、ミルが置いてある中に、あの『皆空窯の彩紋のマグカップ』がさりげなく置いてありますね。

富良野 森の時計 窓 風景

忙しそうに珈琲を入れているマスターにこっそりとお話を伺いました。

「寺尾さんの雰囲気を壊さないようにしないといけないから大変ですよね。それにカウンターの中までずっと見られてるし…。」

マスターはすこし笑顔をつくりながら、よくぞ分かってくれましたッ…と言う感じで

「実は本当に大変なんですよ。あのドラマの雰囲気は壊せないですからね。休んでると寺尾さんと違う…とかってお叱りを受けることもあるんです。」

ここのマスターの求人をしたときは大変な数の応募があったみたいですが、本当に大変なお仕事だと思います。
交代制だとは思いますが年中無休だそうですし。

富良野 森の時計 カウンター

ここの従業員の方たちは全員、店内の撮影をしようとすると邪魔にならないようにサッとよけてくれます。
自分は横から撮らせていただいたのでマスターを自然な感じで撮影出来ましたが、正面のお客さんが撮ろうとすると気を利かせてサッと居なくなるのです。

自分の横に座られたカップルの写真をこの席から撮って差し上げたのですが、マスターの写真がうまく撮れずにがっかりされていました。
写真を撮ってあげた代わりに、お二人が頼まれたケーキをしっかり撮影させていただきましたよ。

富良野 森の時計 ケーキ

手前の白いのがホワイトチョコケーキの『根雪』、向こう側がガトーショコラの『初雪』です。
この他にもう一つ、チョコガナッシュュケーキの『雪解け』というのがありました。
一つ750円もするんですよ。ちょっと高いなぁ。

席の真後ろの壁には、あの額がかざってありました。

富良野 森の時計 森の時計はゆっくり時を刻む 額

『森の時計はゆっくり時を刻む。だけど、人間の時計はどんどん早くなる。』と続きます。
『倉本聰氏』の言葉で、直筆だそうです。

本当は今しかないのに、人間の思考がどんどんと先々のことを造り出し、
時間と言う概念を造り出し、自ら苦痛を生み出しているんですよね。
奥の深い言葉だと思います。

次に来たときはこのテラス側の席で雪景色を堪能したいものです。

富良野 森の時計 デッキ

もちろん、この薪ストーブにも火が入っているはずですよね。

富良野 森の時計 薪ストーブ

ゆったりと、落ち着いた時間を堪能し、お店を後にしました。

帰りはマスターが良く歩いていた坂道から帰ることにします。

富良野 森の時計 坂道

坂の途中から『ニングルテラス』を見上げます。
みんな楽しそうですよ。
この森は本当に幸せの雰囲気であふれています。

富良野 ショッピングロード ニングルテラス

帰り道はこんなに素敵な夕焼けを見る事が出来ました。

夕日 帰り道 富良野

本当は『北の国から』のロケ地や、『幸せの黄色いハンカチ』の夕張もまわろうと思っていたのですが無茶なスケジュールでした。
また来ようと思います。

おしまい。



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m
スポンサーサイト



カフェ 崖の上~定山渓

なにせ東京から来たばかりで、あまりこの辺のスポットに詳しくないのですが、偶然知った『カフェ 崖の上』。
結構知る人ぞ知るお店らしいです。
しかもよく通っている道沿いにありました。
景色としては目に入っていたんだけど…気にとめてませんでしたよ。

カフェ 崖の上 建物 全景

店名の通りにまさに崖の上に建っています。
建物の先端は、もう崖に突き出ている状態ですよ。

カフェ 崖の上 エントランス

入って見るとラッキーなことに先客は全くいませんでした。

カフェ 崖の上 店内

その訳は、先端の特等席が空いているからです。

カフェ 崖の上 窓辺 

もう、窓の下は崖の上状態ですよ~。
ガラスのテーブルで、椅子もこの席だけは回転式で外を向いて自分だけの世界に浸ることができます。

カフェ 崖の上 窓から

真下には『豊平川』が流れています。

さて、オーダーしたのは『ケーキセット』。
本当は『崖の上ケーキ』を食べたかったのですが、この時はもうSOLD OUT。

変わりにオーダーした『イチゴ・ベイクドチーズケーキ』はいちごのツブツブが入っていて、
プチプチとした食感が楽しめます。

カフェ 崖の上 ケーキセット イチゴ・ベイクドチーズ

そして、これが『ベイクドチーズケーキ』。
想像していたよりもふんわりやわらかでした。

カフェ 崖の上 ケーキセット ベイクドチーズ

しばらくすると後から後からお客さんが入って来ました。
ほんと、ラッキーなタイミングだったみたいです。

外には大パノラマが楽しめるデッキ席があります。

カフェ 崖の上 デッキ

下をのぞくとホントに断崖絶壁に建っているのが良く分かります。

カフェ 崖の上 デッキから

現在、新しい建物を建設中です。駐車スペースの土台が見えるところがそうですよ。

カフェ 崖の上 看板

来年の秋には2倍位の席数の新店舗が完成する予定だそうです。
今のこのお店は別の用途で利用しようと考えているそうなので、こちらの特等席が楽しめるのは後1年なのかな?

空を見上げると虹の上の部分が山の向こうに見えました。

虹

ラッキーな1日だったなぁ~。



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m

小樽の街2

ちょっと歩き疲れたので『可否茶館(かひさかん)』で一休み。
もともと札幌本店のお店みたいですが、最近いろんな所にあるみたいですね。

可否茶館 かひさかん

北海道ならでは?のメニュー、『メロンジュース』。

可否茶館 かひさかん メロンジュース

そして『小樽クラシックブレンド』と一緒に頼んだのがこれ。
名前忘れました確か…『クレーム小樽』とか何とか…。
甘酸っぱくて、ふわっふわで、軽くて……    食べた気がしませんでしたぁ~。
美味しいのは美味しかったんですよ。

可否茶館 かひさかん 小樽クラシックブレンド

そして小樽に欠かせないのが『オルゴール堂』。
今や全国どこにでもあるんですけどね。でも、やっぱり見ちゃいますよね。

小樽 オルゴール館 外観

小樽 オルゴール館 内部

君はこの『木彫りのお店』の看板犬かい?

小樽 看板犬 ラブらドール

それじゃお客さん、入れないよぉ~!

小樽 看板犬 ラブラドール

カニ、おいしそう。買わないけど…。

小樽 かに 土産や

ところで、今回小樽でやたらと目についた意味不明な看板。

小樽 謎の看板 お父さん預かります

『お父さん預かります』の看板。
お父さんを預かっている様子はありませんでしたよ。
一体これはなんなのだ??

帰ろうとした頃から雨がポツリポツリと降ってきたのであわてて車へ。
『レイクライン』を走るころには本降りになってしまいました。

最近、北海道は晴れが少ないです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

追記:コメント欄にも書いたのですが『オトウサン預かります』の看板は昆布屋さんの宣伝の看板らしいです。
お父さんを預かっている間に、ゆっくりと試食や買い物をしてくださいねっと言う意味のようです。
実際にお父さんを預かってくれるみたいです。
そのほかにも『七日食べたら鏡を見てごらん』ってのもありましたよ。



 ←クリックよろしくお願いします m(_ _)m