ひさびさのレストラン Ari

先日、美唄方面にキャンプ地の視察に訪れた帰り道、当別の『レストラン Ari』で久々のランチをいただきました。前回訪れたのは2012年の8月なので、約五年ぶりとなります。
【前回の記事はココ】

レストラン Ari 全景

お昼時だから混んでるかなって思ったのですが、丁度先客が一組出られるところで、中は二組のお客様。丁度良い感じの雰囲気でした。
ランチメニューの『パスタ・セット』の中から僕は『あさりとエビのトマトソース』、ツレは『かぼちゃのニョッキ』を注文。

レストラン Ari メニュー看板

最初に出てきたのは『パン+フォカッチャの盛り合わせ』と『一口前菜』。名前は忘れましたが、大豆をさっぱりした味付けにしたものw…でした。

レストラン Ari パンと前菜

次に出てきたのは『大盛のサラダ』。この日はこれと『ゴボウのスープ』を選べましたよ。

レストラン Ari サラダ

ツレの『かぼちゃのニョッキ』が出てきました。そういえばツレは前回もニョッキを頼んでたよね。
ちょっとつまみ食いさせてもらいましたが、想像通りのお味。もっちり、こってり。僕は途中で飽きそうです。

レストラン Ari かぼちゃのニョッキ

そして『あさりとエビのトマトソース』。麺は平打ちの細麺、そしてパスタの様に切られたニンジンがアクセント。思ってたよりも随分とあっさりとしたお味です。トマトの味が全くしないのはなんででしょうね。

レストラン Ari あさりとエビのトマトソース

やっぱり平打ち太麺の『チキンときのこのクリームソース』にしとけば良かったです。
ここの平打ち太麺は絶品です。

そして最後に『チョコレートケーキ』と『コーヒー』が出てきます。

レストラン Ari コーヒーとケーキ

前回ほどの感動は無かったものの、やっぱりコストパフォーマンスはかなり高いと思います。
東京だったら間違いなく2000円オーバーでしょう。

途中『あそびーち 石狩』に寄り道。

あそびーち 石狩 茶太郎

海は綺麗だけどめちゃくちゃ風が強くて、すぐに退散しました。

あそびーち 石狩

早く温かくならないかなぁ…。+゚。*(*´∀`*)*。゚+



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト

豊平峡温泉 ONSEN食堂

『豊平峡』の紅葉も見終わり時間を見ると、まだ11時を回ったばかり。
『中山峠』に行って、なんかお昼でも食べようか…なんて話してる横のおっちゃんが「カレー買って食べよう」って話してるのが耳に入って来ました。
そう、『豊平峡温泉』はカレーで有名だったのを忘れてましたよ。(#^.^#)

『豊平峡温泉』まで下りてきました。駐車場はかなりの数の車でいっぱいです。

豊平峡温泉 駐車場 紅葉

この駐車場の片隅はオートキャンプ場になっています。
この日は豪華なトレーラーが数台泊まってました。たぶん中国人とかでしょうね。
ここにテントを張る勇気はないけど、これだったらいいね。

豊平峡温泉 オートキャンプ

さて、この『ONSEN食堂』は11時オープンなのですが、すでに長蛇の列。三連休の初日だから仕方ない。
メニューを見ながらオーダーを済ませ、宴会場で待つこと約20分位。
さほど待たずに席に着けました。すごく回転が速いです。
テーブル席も空いていたのですが、選んだのは座敷の席です。広々とした庭園が広がっていて気持ちいいね。

豊平峡温泉 ONSEN食堂 座敷

選んだのは『ラムカリー』と『タンドリーMIXグリル』。ちなみにこの食堂は、すべてがセルフサービスです。
番号が呼ばれたらキッチン前のカウンターまで取りに行きます。

『ラムカリー』は五段階の四番目、辛口を選びました。でもそんな辛くない。
ラムのお肉がゴロゴロと入ってます。癖もなく、柔らかくてすごく美味しいです。名物の『ナン』も最高です。

豊平峡温泉 ONSEN食堂 ラムカリー

こちらの『タンドリーMIXグリル』はカレーとタンドリーチキン、シークカバブに野菜サラダとチャイのセットです。
一番辛い激辛を選びましたが、そんなに辛くないです。料理を楽しむにはちょうど良い辛さかな?

豊平峡温泉 ONSEN食堂 タンドリーMIXグリル

とても美味しいのですが、自分的にはカレーもタンドリーチキンもシークカバブも、もうちょっとスパイシーな方が好みです。
食べ終わったら、お皿やバスケットを自分でカウンターまで返して帰ります。
このシステムだから回転が速いんですね。
この雰囲気を含めてまたリピートしたいと思います。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

ソイや~~!ソイや~~!

先日の夜中、こんなに立派なお魚をご近所から頂きました。
釣って来たばっかりなので刺身でも大丈夫とのことですが、もう夕食もとっくに済んだ時間です。

ソイ 

『ソイ』と言うお魚だそうで、『北海道の鯛』と言われるくらいの美味しさだそうです。
北海道に住んでないと、こんな魚はお目にかかれませんよね。

ソイ 

珍しいので『茶太郎』を呼んで、ムリクリ記念撮影。
「おい!足でやんなよ。」

ソイ 茶太郎

結構立派に育った『茶太郎』と比べても、この立派さ。重たいです。
「やめれって言いよろうもん!」

ソイ 茶太郎

この後、ツレが三枚におろし、すぐに煮つけにしてくれました。
次の日の、味がなじんだ『ソイの煮つけ』は最高に美味でした。
油ものってるのに、淡白でくせが無く、ホクホクした白身がおいしい。
『塩焼き』や『お吸い物』、『ブイヤベース』なんかにしても最高でしょうね。

ソイの煮つけ

近くのイオンの魚屋さんで、同じサイズの『ソイ』を発見。何と一匹1800円もしましたよ。デパートで買ったら2000円超えは間違いなしだね。
なかなかお口に入らない高級魚。ごちになりました。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

亜木人(あきと)~手作りソーセージ

『美笛キャンプ場』からの帰り道、また『幸せな牛のミルク』さんで、季節のチーズでも買って帰ろうと思い立ち寄りました。でも、裏のお店に回って見たのですが、残念ながら本当の休業日でした。

幸せな牛のミルク 牛

気を取り直して、『中山峠』に差し掛かる少し手前、喜茂別にある『亜木人(あきと)』でソーセージを買って帰りましょう。
以前からとても気になっていたお店です。ログハウスが目印。

亜木人 外観

店内に入ってビックリ。本当にせまいんです。しかもお店の外の雰囲気から、てっきりソーセージ屋さんだと思っていたのですが、ここ、レストランだったんですね。カウンター席と、ボックス席が二つとテーブル1つの小さなレストラン。
…で、ソーセージはどこにあるかって言うと、カウンターの上の右端にあるボックスの中にあるだけでした。

亜木人 店内

値段を見てビックリ。2本で880円なり。たっか~~。
でも、せっかくなんでこの日、冷蔵庫に合った『豚肉だけ』、『ギョウジャニンニク入り』、『南蛮入り』の中から『南蛮入り』をチョイスしました。
一緒に、今日から発売していると言う『豚(とん)ジャーキー』も購入。

亜木人 豚ジャーキー ソーセージ

このソーセージ、フライパンで焼いてはいけないのです。
魚焼きグリルを使って、最初の面をキツネ色になるまでじっくり、結構時間がかかり、10分近く焼きました。
その後、反対側、そしてバナナのように曲がっている外側、内側も、じっくりきつね色に焼きあげます。
結構手間がかかるんです。

亜木人 南蛮入りソーセージ 魚焼きグリル

そして、美味しそうに焼き上がった黄金色のソーセージ。 ( ´¬`)ジュル
早く食べたかったので、ソーセージに器が合ってないのはご容赦。

亜木人 南蛮入りソーセージ 焼き上がり

このソーセージ、平田牧場『三元豚』100%、後はスパイスなどが入っているだけなので、2本いっぺんに食べきれない位のボリュームでした。濃厚で美味しかった~~。

亜木人 南蛮入りソーセージ

一緒に買った『豚(とん)ジャーキー』も、スパイスが効いていて、じっくりと味わいました。

豚ジャーキー

こんどはお店で『ソーセージ1本とパン・燻製卵セット』と『ピッツア』を食べたいと思います。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

美笛峠から大滝へ

雨の『美笛キャンプ場』を後にし、帰り道は『支笏湖』から反対に『美笛峠』経由で買える事にしました。
今から10日程前の出来事なのですが、『定山渓』などが全く紅葉していなかったにもかかわらず、この時点で『美笛峠』はかなり紅葉していました。
雨でなかったら、素晴らしい紅葉が見られたと思います。

美笛峠 紅葉

『道の駅 フォーレスト276大滝』でトイレタイムです。こういった類の物を見ると、どうしても苦言を呈したくなる自分がいます。
以前の記事でも書きましたが、この、無用のなんにも使っていない『世界最大級のログハウスの里』。

フォーレスト276大滝 森林せせらぎ館

閑古鳥の鳴く『お土産売り場』。でも、このTシャツ、ちょっと気になったけど。(どこでも売ってますが…)

フォーレスト276大滝 お土産Tシャツ UNIKUO

そして、最大級の無駄遣い。総大理石の巨大なトイレ。そして、その前に設置されている『自動ピアノ演奏器』。

フォーレスト276大滝 自動ピアノの演奏

閑古鳥の鳴くレストランで、お昼を食べようと思ったのですが、メニューも今一、値段も高いのでやめました。
隣を覗くとあの『きのこ王国』が見えたので、そっちに行ってみる事にしましたよ。
ここが本店だったんですねぇ。お隣があんなに閑散としているにもかかわらず、店中はお客でごった返していました。
ここは100円で食べられる『きのこ汁』を始め、美味しそうなきのこのメニューがいっぱい。
その中で注文したのは『きのこ天ぷらそば』。

きのこ王国 大滝本店 きのこ天ぷらそば

揚げたてじゃなかったので、天ぷらはカリって感じでは無かったけど、それでもきのこの天ぷらの種類とボリューム、そばの美味しさは本物でしたよ。
いままでこの手のチェーン店は、何となく敬遠していたのですが、リピートさせていただきます。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U