fc2ブログ

洞爺水辺の里 財田キャンプ場 3

さて、ずっと前の出来事のような感じですが、一応締めとかないとね。

7月14日の朝は静かで良い天気で始まりました。
久しぶり、キャンプでのモーニングコーヒータイム。

財田キャンプ場 T.P.クレスト 青空

買おう買おうと思っていてやっと購入した『SOTO レギュレーターストーブST-310』用の『点火アシストレバー』。
これ、いまさらながらですが最高じゃないっすか~。(((o(*゚▽゚*)o)))
約10年の間、怖い思いをして着火してた日々は一体何だったんだろう…って位快適に着火できるんですね。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブST-310 点火アシストレバー

朝のコーヒータイムをのんびりと過ごしていると、例のキャンパー達が起きだしてきました。
静かにしてくれるといいなぁ…って思いもつかの間、開いているスペースを使ってフリスビーで大騒ぎ!
深夜帰っていったキックボード野郎もまたまたやって来てそれはもうすごい騒ぎです。

こんなのに注意しても逆切れされてこっちが嫌な思いするだけなので、場内散策にでかけました。
『プライベートサイト』や『キャンピングカーサイト』もそこそこの入りです。
『オープンサイト』は比較的空いていていい感じでした。
それにしても『フリーキャンプサイト』以外はほんとに静かでいい感じです。

財田キャンプ場 オープンサイト

ペットは泊まれませんが『ケビン』は湖畔沿いでゆったりと過ごせそうですね。

財田キャンプ場 ケビン

遊歩道に出れば『中島』が目の前の絶好のロケーションです。

財田キャンプ場 洞爺湖 中島

一応『センターハウス』に迷惑キャンパーの旨を伝えておきました。
ここの方はみんな感じが良く、大変申し訳なさそうに謝ってくださいました。今度そんな事があったらセンターハウスに連絡してもらえれば対処しますとの事でした。

そんなこんなでしばらく散策で時間をつぶし戻ってみると…。
やった~~!!例のキャンパー達は延長しないで撤収を始めてるじゃないですか!
その後、迷惑キャンパーが居なくなった『フリーキャンプサイト』はゆったりとした時間が流れました。
他のキャンパーの方たちも迷惑していたみたいで「うるさかったねぇ!」って声がちらほら。
当たり前ですよね。

お昼は『チキンラーメンタイ風焼きそば?』みたいなものを食べたのですが「不味くはないけどなんかインパクトが足りないよね。」って顔を見合わせて食べていました。
しっかし、食後にツレが調理した後の袋を見るとしっかりと『後入れソース』が残ってました。
インパクト無いはずだよ。o(`ω´ )o

チキンラーメン タイ風焼きぞば

その後、平日にもかかわらず続々とキャンパーさんがやって来る中、延長したのでのんびりと撤収。
こんなのんびりとした撤収はいつ以来でしょうか?
3時過ぎには撤収も終わりチェックアウト時に『センターハウス』に併設されている『cafe湖光』に立ち寄りました。

財田キャンプ場 cafe湖光

ペットを中に入れることは出来ませんが、外のテラスはペットOKです。
やっぱりソフトクリームでしょう。

財田キャンプ場 cafe湖光 外のテラス

ここのソフトクリームはあの赤井川の『山中牧場』のモノに似ていて、ミルクそのものの味わい、くどすぎないあっさりしたタイプでした。
すっごく好みです。『茶太郎』にも舐めさせてあげたのですが、すごい勢いで舐め続けびっくりしました。
やっぱり『茶太郎』もこのタイプが好きなんだね。

財田キャンプ場 cafe湖光 ソフトクリーム 茶太郎

アイスコーヒーも頼んだのですが、氷もアイスコーヒーで出来ていて溶けても薄まらないという心遣い。
氷の量も控えめなのでたっぷり楽しめます。氷ばっかりって所多いですよね。
もちろんお味もバッチグー(古。

財田キャンプ場 cafe湖光 アイスコーヒー

芝生のテラスの奥には『ドッグラン』があります。でも注射を受けさせない『茶太郎』は入れません。
まあ、ドッグランは『茶太郎』は大嫌いなんで問題無しです。

財田キャンプ場 ドッグラン

いやぁ…。居心地がいいです。身も心も解けちゃいそうなくらいリラックス出来ました。
あの迷惑キャンパーの事なんてすっかりどこかに吹き飛んじゃいました。
後ろ髪をひかれる思いでキャンプ場を後に…。

財田キャンプ場 センターハウス 茶太郎

結果的にほんとに気持ちの良いキャンプが出来ました。ヽ(≧∀≦)ノ
やっぱりキャンプって素晴らしいですね…。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U
スポンサーサイト



洞爺水辺の里 財田キャンプ場 2

この『財田キャンプ場』の設備はとても清潔に管理されていて最上級クラスです。
トイレの建物の場所もたくさんあるので人と使用が重なることがほとんどありませんでした。

財田キャンプ場 トイレ外観

トイレの中もピッカピカです。今までのキャンプ場の中でも『盃キャンプ場』と同じくらいの綺麗さ。でもあっちのトイレは夜中使うのがちょっと怖い…ォ━━(#゚Д゚#)━━!!

財田キャンプ場 トイレ内部

炊事場も数が多く、とても清潔に保たれています。

財田キャンプ場 炊事場 外観

それでも夏休みなんかの繁忙期には混雑するんでしょうけどね。
でも最近炊事場で調理の準備をする人ってほとんど見かけませんよね。

財田キャンプ場 炊事場 内部

さて、設営も終わり炭火に火を起こしのんびりとしていると、少し離れた場所に2組のカップル?がテントを設営し始めました。
嫌な予感…(´д⊂)
予感は的中し、設営が終わったと同時にフリーキャンプサイト中に響き渡るような声で
「かんぱ~い!」から始まり、チェックインせず車を外に駐車して、キックボードでやって来たらしき男たちも合流し、その騒ぎは夜中の1時過ぎまで続きました。

そんな中でも気を取り直して(取り直せるかい!)炭火料理の後、焚火の時間を楽しみ?ました。
ちなみにこのキャンプ場では焚火台を使用していても芝生の上で直に焚火は出来ません。
炊事場からブロックを持ってくるのがちょっと大変。

財田キャンプ場 T.P.クレスト 焚火

西の空は綺麗な夕焼けです。明日も天気良さそうですね。
ほんと、例のうるさいキャンパーが居なかったらどんなに素敵な夜だったんでしょう。

財田キャンプ場 夕焼け

つづく…



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

洞爺水辺の里 財田キャンプ場 1

7月13~14日、今年初めてのキャンプに出かけてきました。
週間天気予報では太平洋側は雨模様、日本海側の方が天気が良さそうだったのでその予定だったのですが、前日になってその予報が逆転、太平洋側の方が雨が降らない予報に変わりました。

普通だったら何も考えず『曙公園』辺りに行くのですが、今年はコロナの影響で公園系のキャンプ場はほとんどクローズの状態だったので、仕方なく企画キャンプ場を探しました。
最初は『「グリーンステイ洞爺湖』辺りを考えたのですが、やっぱり自分たちの好みじゃありません。
ずっと以前下見をした『財田キャンプ場』も入口辺りは区画分けされていて好みじゃなかったのですが、その時に見学しなかった『フリーキャンプサイト』の評判が良かったのでここにしぶしぶ決定。

曇りの予報にもかかわらず、この日は朝から青空。
気持のよい青空が広がっています。

倶知安あたり 青空

少し早めに着いたのですが、入れてくれる時もあるそうなので受付にいってみるとやっぱり時間じゃないと入れないそうです。
現在は区画別にチェックインの時間が分かれていて『フリーキャンプサイト』は12時から入場可能です。
しかし入ってすぐの『スポーツ交流館』はすごい立派ですねぇ。
こうゆうのが苦手なんですよね。(つω-`。)

財田キャンプ場 スポーツ交流館

一時間ほど時間があったので『水の駅』辺りで散歩しました。
やっぱり『中央公園』はロープが張ってあり入場できませんでした。残念だなぁ…(;д;)

洞爺湖 中央公園

12時にチェックインする頃でももう一組のキャンパーさんが待つのみで昨日からの連泊の方がいらっしゃるだけとの事、場所選び放題ですね。

財田キャンプ場 センターハウス 受付

さっそく入場。
さすが高規格、ゲートの前で『リモコンキー』を押して入場。貧乏人には今まで味わったことのない感覚。
中々気持ちの良いもんです。(*σ´Д`*)ww

財田キャンプ場 ゲート

一番奥の『フリーキャンプサイト』を目指します。
おお~!なかなか良い感じ。o(^▽^)o
確かにテントが一張りだけ、でも狙っていた場所の近くだったので急遽場所を変更、『第2駐車場』奥の右側に張ることにしました。
トイレと炊事場がちょうどよい距離にあり、木陰もたっぷりでタープを張る必要もなさそうです。
ここに決定!!

財田キャンプ場 T.P.クレスト

今回のテントも『トリアングロ』では無く『T.P.クレスト』です。
「前室が無いから寒い」だとかなんだとか、いつも却下されます。いったいいつだったらOKなんでしょうか?
ところで今回設営時に、去年の高岡暴風キャンプ時にポールが曲がっていたことが判明。
問題なく設営は出来たので良かったのですが、また痛い出費になりそうです。

財田キャンプ場 T.P.クレスト 茶太郎

設営も終わり、とりあえず木陰でかんぱ~い。

つづく…



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

洞爺湖から支笏湖へ モラップキャンプ場視察

さて、まだまだ夕方になると効きすぎのクーラーみたいに冷えてくる北海道。
早めに切り上げて『きのこ王国』で食事をするために『洞爺湖』をあとにしました。
『きのこ王国』もガラガラの状態でしたよ。でもCやKの観光客がいないとホント静かでいいです。

いつもはここから引き返して『中山峠』を超えて帰るのですが、『洞爺湖』はだめだったけど『支笏湖』はどうなんだろうと思い、『美笛峠』越え経由で視察することにしました。

『苔の洞門』はもう見る事はできないのでしょうか?相変わらずしまったまんまです。
『モラップキャンプ場』の入り口って分かりづらいですよね。いつも見逃しそうになります。

キャンプ場が見えるところまで来るとテントがたくさんあってビックリ。
平日の夕方ですよ。
まあ、これで驚いたら関東近辺の人に怒られちゃいますね。(#^.^#)
でも、写真で見るよりももっと混んでる感じでした。

モラップキャンプ場

『茶太郎』は
「なんでテントば張らんと?」って感じでバーベキューの匂いにクンクン。
こんど天気の良い日に来ようね。去年はさんざんなキャンプばっかりだったからね。

モラップキャンプ場 茶太郎

夕方からキャンプをしに来た男性達も「なんでこんなにテントがあるの?」って驚いてました。
気持ち分かります。(T_T)



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

秋の高岡オートキャンプ場 1

9月24~25日にかけて『高岡オートキャンプ場』に行ってきました。
この、坂の向こうに太平洋を望む道っていいですよね。

豊浦に到着

到着したらまず『道の駅とようら』でお買い物。
ここに着いたらほとんどの人が食べる?『いちごソフトクリーム』をいただきました。
『自然満喫クラブ』に比べたらちょっとあれですけど、お値段も全然違いますからね。(^∇^)

道の駅とようら いちごソフトクリーム

後で炭火で焼いていただくのに『昔なつかしいとうきび』と『しいたけ』を購入。
とうきびは昔九州にいたころよく食べた『とうきび』に比べるとかなり細いです。8列しかないらしいですよ。
でも楽しみ…。

道の駅とようら 昔なつかしいとうきび しいたけ

最初は『豊浦海浜公園キャンプ場』でも良いかなって思ったのですが、だだっ広い原っぱに誰も居なかったので止めました。
『高岡オートキャンプ場』のフリーキャンプの駐車場は誰もキャンプしていないにもかかわらず満車。
どうやら道を挟んだ反対側の『パークゴルフ場』の客が止めてるみたいです。
ほんと、老害です。この手の老人は注意しても逆切れされる事が多いのでスルー。

高岡オートキャンプ場 違法駐車 パークゴルフの客

入り口近くに車を停め、キャンプ地を決定しました。
「ここをキャンプ地とする。」

ここをキャンプ地とする 高岡オートキャンプ場

連休明けなので誰も居ません。
完ソロです。いや…、完二人と一匹です。。゚(゚^∀^゚)σ。゚

高岡オートキャンプ場 T.P.クレスト

それにしても台風から変わった熱帯低気圧のせいで今日も強風が吹いてます。
前回の『モラップキャンプ場』で懲りたのでしっかりとガイロープを設置しました。
しかし…。(ノ_<)

T.P.クレスト ガイロープ 強風

風は強めなものの温かい日差しを浴びて『茶太郎』はうとうと。
いい気持ち♪

高岡オートキャンプ場 茶太郎 いい気持ち

とりあえず先ほど購入してきた『昔なつかしいとうきび』を焼くために炭を起こします。
『とうきび』は皮のまま炭火にかけ蒸し焼き状態にします。
こっちの方がふっくらと美味しく焼きあがるんですよ。
そして『とうきび』は皮をむくと、急激に味が落ち始めるんです。
香ばしく焦げ目をつける場合はこれをやった後、皮をむいてもう一度火にかけるとOKです。

昔なつかしいとうきび 炭火焼き

焼き上がりの皮をむいてみると…。
「うわ~~。美味そう~!綺麗な黄金色!」(*´∀`人 ♪
しっかりとした歯ごたえがあって、もちもちしてて、これがとうもろこしだよ。
美味しい~~~♪

昔なつかしいとうきび 黄金色

ほんとに久しぶりに本物のとうもろこしをいただきました。

つづく…。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U