FC2ブログ

2021 家庭菜園始動しました

さて、そろそろ畑の準備を始めようかって気分になって来ましたね。
しかし我が家の畑はいつも他よりも遅れ気味なのです。
長い間ほっとかれたせいもあって石はゴロゴロ出てくるは、スギナはこれでもかって位生えてくるはで畝を作り始めるのに時間がかかっていました。

少しでも早く始動するために、以前から気になっていた『もみ殻くん炭』を購入。

くん炭

まだまだ雪がたくさん残っている所に散布してみました。ヽ(´∀`)ノ

くん炭 畑に散布

効果はかなりあるようです。
蒔いていない所と比べると溶け具合に格段の差がありましたが、今年は温かくなるのが速かったので、そんなに必要じゃなかったかもしれませんね。
でも微生物の住処になるみたいなので土壌改良にも期待出来そうですよ。

それともう一つ。素晴らしい新兵器を導入しました。
一昨年、大病を患った影響で、畑を耕したりする作業がほんとにしんどくなってきちゃったのです。
石ころやスギナを処理しながらの耕耘(こううん)はとても大変な作業なのです。

そこで登場したのがこれ!!
ジャジャ~~ン!!
『リョービ 電気カルチベータ ACV-1500』←ドラえもん風に…
コンパクトながら50㏄のエンジンと同じパワーがある優れものの耕うん機です。

リョービ 電気カルチベータ ACV-1500

近くのホームセンターでセールになってたので即買い。
それでもアマゾンより1000円ほど高かったのですが、故障した時の事などを考えると、アマゾンはちょっと不安だったのです。それに保管用のカバーもついていたので同じくらいの価格で買えたと思います。

リョービ 電気カルチベーター ACV-1500 カバー

まだ開封してませんが耕耘が楽しみです。(*´∀`人 ♪



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

スポンサーサイト



8月17日の畑の様子 大玉トマトと長ナス

二回目の捻枝が済んだ『大玉トマト』。
第一果房に順調に着果した一本に比べて、小さな固い実が一個だけなったもう一本は、その時の遅れがそのまま成長の遅れになっています。
約10日ほど遅れて第二果房と第三果房が赤くなってきました。
遅れているといっても去年までの普通の栽培方法だったらこんなにいっぺんに赤いトマトを収穫するのは不可能だったでしょう。

大玉トマト 捻枝 第2・3果房

成長の早い方は第三果房までは全部収穫済み、既に第四果房が赤くなり始めています。

青枯病を乗り切った『長ナス』も順調に育っています。
こちらから二本目がそのナスですが、背丈がちょっと短い以外はほとんど他と遜色ないくらいまで成長しました。

青枯病 復活した長ナス

『キュウリ』はちょっと成り疲れぎみでしょうか。
少し元気がなさそうなので根元に『リキダス』を濯注しました。
かなり収穫済みですが、もうちょっと頑張ってもらいたいです。

三回目のハダニ駆除 キュウリ

秋の虫が鳴きだした北海道…。
夏が短すぎるよ~~(つД`)ノ



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

大玉トマトの連続摘心栽培 捻枝2回目 トマトの様子

8月に入ってすぐに2回目の捻枝作業を行いました。
主枝の第二果房下の脇芽を延ばしたものを捻枝します。←自分で書いててもややこしい(*ノ∪`*)
もう手慣れたものですいすいと捻枝完了…、って、一回、思った方と逆に回して戻したため軽くぱきっていった時は少し青ざめました((((;゚Д゚)))))))

大玉トマト 捻枝 二本目

やはりこの『連続摘心栽培』は実が大きく熟してくるのも早いような気がします。
第三果房までですでに14個がきれいにサイズも揃い、赤く色づいています。

大玉トマト 完熟

この一番右側の真っ赤に熟した『大玉トマト』をいただいてみました。
「うっま~~~い!!」o(^▽^)o
今まで育ててきた『大玉トマト』の中で最高の出来です。ジューシーで旨みたっぷり。
今後の収穫に期待です。

『ミニトマト』と『中玉トマト』は今年からすべて『くきたっちアルファ』を使った吊り下げ栽培に移行しました。
こっちの方が全然簡単に整枝ができますね。すっきりしてるので脇芽の取り損ないもありません。
でもこの『ミニトマト』よりも『大玉トマト』の収穫が早いのには感動しました。

ミニトマト 吊り下げ くきたっちアルファ

これからの収穫がたのしみだなぁ。

「カラスには一個もやらんけんね!」
大玉トマト 茶太郎
「オレのトマトばい。」

『ピカピカイエロ』のおかげでその後1個もカラスに取られていません。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

長ナスの青枯病 その後の経過

『長ナス』の一本の株がある日ほとんどしなしなに萎れていました。
とりあえず萎れた葉っぱを摘葉し、手元にあった『ミネチット』と『菌の黒汁』を病状の出た株元だけでなく、すべての『長ナス』と隣の『大玉トマト』まで土壌感染しないよう広い範囲に与えて様子を見ました。

しばらくは、朝起きて畑が全滅していたらどうしようと不安な夜を過ごしましたが…。

見事復活したようです。\(^o^)/

長ナス 青枯病 脇芽 復活

もともとあった枝の葉はほとんど落ちてしまったのですが、下の方から元気な脇芽がすくすくと育って来ました。
周りの株への感染もまったくありません。

追肥として『菌の黒汁』と相性の良い有機肥料の『フルユウキミックス』と『バットグアノ』を根元周りに追肥。

フルユウキミックス バットグアノ 100%有機肥料

そして『菌の黒汁』は三日おきに三回根本にたっぷりと施肥しました。
これからは定期的に『万田アミノアフファ』を葉面散布してフォローしたいと思います。

万田アミノアルファ 菌の黒汁

現在、毎日数枚づつ萎れていた葉も、生き生きと回復してきています。
2本ほど収穫もできました。
いやいや、ほんと頑張ってくれた『長ナス』くんに拍手です。(*´∀`人 ♪




↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U

洞爺水辺の里 財田キャンプ場 3

さて、ずっと前の出来事のような感じですが、一応締めとかないとね。

7月14日の朝は静かで良い天気で始まりました。
久しぶり、キャンプでのモーニングコーヒータイム。

財田キャンプ場 T.P.クレスト 青空

買おう買おうと思っていてやっと購入した『SOTO レギュレーターストーブST-310』用の『点火アシストレバー』。
これ、いまさらながらですが最高じゃないっすか~。(((o(*゚▽゚*)o)))
約10年の間、怖い思いをして着火してた日々は一体何だったんだろう…って位快適に着火できるんですね。

ソト(SOTO) レギュレーターストーブST-310 点火アシストレバー

朝のコーヒータイムをのんびりと過ごしていると、例のキャンパー達が起きだしてきました。
静かにしてくれるといいなぁ…って思いもつかの間、開いているスペースを使ってフリスビーで大騒ぎ!
深夜帰っていったキックボード野郎もまたまたやって来てそれはもうすごい騒ぎです。

こんなのに注意しても逆切れされてこっちが嫌な思いするだけなので、場内散策にでかけました。
『プライベートサイト』や『キャンピングカーサイト』もそこそこの入りです。
『オープンサイト』は比較的空いていていい感じでした。
それにしても『フリーキャンプサイト』以外はほんとに静かでいい感じです。

財田キャンプ場 オープンサイト

ペットは泊まれませんが『ケビン』は湖畔沿いでゆったりと過ごせそうですね。

財田キャンプ場 ケビン

遊歩道に出れば『中島』が目の前の絶好のロケーションです。

財田キャンプ場 洞爺湖 中島

一応『センターハウス』に迷惑キャンパーの旨を伝えておきました。
ここの方はみんな感じが良く、大変申し訳なさそうに謝ってくださいました。今度そんな事があったらセンターハウスに連絡してもらえれば対処しますとの事でした。

そんなこんなでしばらく散策で時間をつぶし戻ってみると…。
やった~~!!例のキャンパー達は延長しないで撤収を始めてるじゃないですか!
その後、迷惑キャンパーが居なくなった『フリーキャンプサイト』はゆったりとした時間が流れました。
他のキャンパーの方たちも迷惑していたみたいで「うるさかったねぇ!」って声がちらほら。
当たり前ですよね。

お昼は『チキンラーメンタイ風焼きそば?』みたいなものを食べたのですが「不味くはないけどなんかインパクトが足りないよね。」って顔を見合わせて食べていました。
しっかし、食後にツレが調理した後の袋を見るとしっかりと『後入れソース』が残ってました。
インパクト無いはずだよ。o(`ω´ )o

チキンラーメン タイ風焼きぞば

その後、平日にもかかわらず続々とキャンパーさんがやって来る中、延長したのでのんびりと撤収。
こんなのんびりとした撤収はいつ以来でしょうか?
3時過ぎには撤収も終わりチェックアウト時に『センターハウス』に併設されている『cafe湖光』に立ち寄りました。

財田キャンプ場 cafe湖光

ペットを中に入れることは出来ませんが、外のテラスはペットOKです。
やっぱりソフトクリームでしょう。

財田キャンプ場 cafe湖光 外のテラス

ここのソフトクリームはあの赤井川の『山中牧場』のモノに似ていて、ミルクそのものの味わい、くどすぎないあっさりしたタイプでした。
すっごく好みです。『茶太郎』にも舐めさせてあげたのですが、すごい勢いで舐め続けびっくりしました。
やっぱり『茶太郎』もこのタイプが好きなんだね。

財田キャンプ場 cafe湖光 ソフトクリーム 茶太郎

アイスコーヒーも頼んだのですが、氷もアイスコーヒーで出来ていて溶けても薄まらないという心遣い。
氷の量も控えめなのでたっぷり楽しめます。氷ばっかりって所多いですよね。
もちろんお味もバッチグー(古。

財田キャンプ場 cafe湖光 アイスコーヒー

芝生のテラスの奥には『ドッグラン』があります。でも注射を受けさせない『茶太郎』は入れません。
まあ、ドッグランは『茶太郎』は大嫌いなんで問題無しです。

財田キャンプ場 ドッグラン

いやぁ…。居心地がいいです。身も心も解けちゃいそうなくらいリラックス出来ました。
あの迷惑キャンパーの事なんてすっかりどこかに吹き飛んじゃいました。
後ろ髪をひかれる思いでキャンプ場を後に…。

財田キャンプ場 センターハウス 茶太郎

結果的にほんとに気持ちの良いキャンプが出来ました。ヽ(≧∀≦)ノ
やっぱりキャンプって素晴らしいですね…。

おしまい。



↓あなたのワンクリックが明日のはげみです。 m(_ _)m
 茶太郎もボクも大喜びします ( ^∇^)ノ 彡ε==3ホネ U^ェ^U